日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブーイングの嵐 マドンナ遅刻理由は“宗教的ルーティン”か

 13日のコンサートは2時間遅れの開演だったから、まだマシというべきか……。世界ツアーで10年ぶりに来日中のマドンナ(57)が15日、銀座三越の化粧品売り場に出現。自身がプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」のPRイベントを行った。

 しかし、イベントは開始時間が夜9時半だったものが急きょ、10時半に変更。しかも、直前の直前までイベント開催はあくまで「予定」であり、デパートの照明が本人のお気に召さなければ、撮影NGの可能性もアリというアナウンスが。

 しまいには〈ただいまマドンナはお食事中〉といった情報まで流れ出し、現場の報道陣からは「早く始めろ」「本当にやるのか」「責任者出てこい」とブーイングの嵐が吹き荒れた。

 もっとも、1時間遅れで登場したマドンナはどこ吹く風。カメラを前に「イエーイ」「ハジメマシテ~」「コンバンハー、アリガトゴザイマース」などとカタコト日本語でポージング。PRするはずの商品の除幕にも加わらなかったが、カメラマンから「ビッグスマイル!」と声をかけられると「これ以上はムリ」と英語でピシャリ。最後は投げキッスを残し、正味3分間の“マドンナ劇場”は幕を閉じたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事