• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ブーイングの嵐 マドンナ遅刻理由は“宗教的ルーティン”か

 13日のコンサートは2時間遅れの開演だったから、まだマシというべきか……。世界ツアーで10年ぶりに来日中のマドンナ(57)が15日、銀座三越の化粧品売り場に出現。自身がプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」のPRイベントを行った。

 しかし、イベントは開始時間が夜9時半だったものが急きょ、10時半に変更。しかも、直前の直前までイベント開催はあくまで「予定」であり、デパートの照明が本人のお気に召さなければ、撮影NGの可能性もアリというアナウンスが。

 しまいには〈ただいまマドンナはお食事中〉といった情報まで流れ出し、現場の報道陣からは「早く始めろ」「本当にやるのか」「責任者出てこい」とブーイングの嵐が吹き荒れた。

 もっとも、1時間遅れで登場したマドンナはどこ吹く風。カメラを前に「イエーイ」「ハジメマシテ~」「コンバンハー、アリガトゴザイマース」などとカタコト日本語でポージング。PRするはずの商品の除幕にも加わらなかったが、カメラマンから「ビッグスマイル!」と声をかけられると「これ以上はムリ」と英語でピシャリ。最後は投げキッスを残し、正味3分間の“マドンナ劇場”は幕を閉じたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  2. 2

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  8. 8

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る