ブーイングの嵐 マドンナ遅刻理由は“宗教的ルーティン”か

公開日: 更新日:

 13日のコンサートは2時間遅れの開演だったから、まだマシというべきか……。世界ツアーで10年ぶりに来日中のマドンナ(57)が15日、銀座三越の化粧品売り場に出現。自身がプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」のPRイベントを行った。

 しかし、イベントは開始時間が夜9時半だったものが急きょ、10時半に変更。しかも、直前の直前までイベント開催はあくまで「予定」であり、デパートの照明が本人のお気に召さなければ、撮影NGの可能性もアリというアナウンスが。

 しまいには〈ただいまマドンナはお食事中〉といった情報まで流れ出し、現場の報道陣からは「早く始めろ」「本当にやるのか」「責任者出てこい」とブーイングの嵐が吹き荒れた。

 もっとも、1時間遅れで登場したマドンナはどこ吹く風。カメラを前に「イエーイ」「ハジメマシテ~」「コンバンハー、アリガトゴザイマース」などとカタコト日本語でポージング。PRするはずの商品の除幕にも加わらなかったが、カメラマンから「ビッグスマイル!」と声をかけられると「これ以上はムリ」と英語でピシャリ。最後は投げキッスを残し、正味3分間の“マドンナ劇場”は幕を閉じたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  4. 4

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  8. 8

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る