ブーイングの嵐 マドンナ遅刻理由は“宗教的ルーティン”か

公開日:  更新日:

 13日のコンサートは2時間遅れの開演だったから、まだマシというべきか……。世界ツアーで10年ぶりに来日中のマドンナ(57)が15日、銀座三越の化粧品売り場に出現。自身がプロデュースするスキンケアブランド「MDNA SKIN」のPRイベントを行った。

 しかし、イベントは開始時間が夜9時半だったものが急きょ、10時半に変更。しかも、直前の直前までイベント開催はあくまで「予定」であり、デパートの照明が本人のお気に召さなければ、撮影NGの可能性もアリというアナウンスが。

 しまいには〈ただいまマドンナはお食事中〉といった情報まで流れ出し、現場の報道陣からは「早く始めろ」「本当にやるのか」「責任者出てこい」とブーイングの嵐が吹き荒れた。

 もっとも、1時間遅れで登場したマドンナはどこ吹く風。カメラを前に「イエーイ」「ハジメマシテ~」「コンバンハー、アリガトゴザイマース」などとカタコト日本語でポージング。PRするはずの商品の除幕にも加わらなかったが、カメラマンから「ビッグスマイル!」と声をかけられると「これ以上はムリ」と英語でピシャリ。最後は投げキッスを残し、正味3分間の“マドンナ劇場”は幕を閉じたのだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  6. 6

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  7. 7

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

  8. 8

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  9. 9

    ムロツヨシは実はモテ男 「イケメンに見えてくる」の声も

  10. 10

    ソト天井打に実況絶叫も…東京ドームの限界を評論家が指摘

もっと見る