日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

顔写真も必須…矢沢永吉の初ディナーショーは“超厳戒態勢”

 ディナーショーシーズン到来。芸能人にとっては書き入れ時で、今年、新たにディナーショー商戦に参入したのが矢沢永吉(64)。クリスマスの24、25日の2日間、六本木のグランドハイアット東京でEIKICHI YAZAWA SPECIAL NIGHT 「Dreamer」を開催。チケットの価格は国内の歌手では最高額となる6万円(!)というから強気だ。

「ディナーショーが人気の歌手といえば、松田聖子や郷ひろみらがいるが、チケット代の設定は大ベテランの演歌歌手・五木ひろしの5万円を超えないという“暗黙の了解”があった。矢沢はそれを超す最高額です。それでも矢沢ファンにとってはノドから手が出るほどほしいプラチナチケットでしょう」(レコード会社関係者)

 しかも、今回のディナーショーは通常のYAZAWAのコンサートとはかなり趣が異なる。チケットは転売防止を徹底するために、申し込みの際には同伴者も含めて顔写真の登録が必要。申し込みは1人2枚までで、当選した場合は、紙のチケットは発行されず、代わりとなるQRコードを発行。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事