結婚バブル終了…「ヒガンバナ」失速させたDAIGOの演技力

公開日:  更新日:

 北川景子と結婚して幸せオーラいっぱいのDAIGO。レギュラー番組も地上波だけで7本。CMも引っ張りダコで、正月三が日にオンエアされたCM出演本数は広瀬すずを抑えて374本とダントツ。まさに結婚バブルの真っ最中だ。

 出演中のドラマ「ヒガンバナ」も、主演の堀北真希とのダブル新婚効果で、同時間帯放送の長瀬智也主演の「フラジャイル」(フジ系)との“水10対決”を制して初回から5連勝を飾っていた。

 ところが、ついに17日放送の第6話で視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と初の1桁台陥落。一方の「フラジャイル」は9.2%で、水10対決が話題になった14年10月クール以来続いていた日テレ圧勝の構図が崩れてしまった。

「放送開始前は『ヒガンバナ』の圧勝が予想されていただけに、蓋を開けてみたら大接戦でスタッフはかなり危機感を持っていました。逆転を許した17日放送でも、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』の斎藤工らをカメオ出演させるなどのPR作戦をごり押ししたのですが、結果に結びつかなかった。前作『まっしろ』で5.7%の大惨敗だった主演の堀北への風当たりはもちろんですが、人気を当てにして相手役に起用されたDAIGOの演技力が足を引っ張っていると言われ始めている」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  8. 8

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  9. 9

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

  10. 10

    社員に聞いた 深田恭子を射止めた41歳スゴ腕経営者の評判

もっと見る