結婚バブル終了…「ヒガンバナ」失速させたDAIGOの演技力

公開日: 更新日:

 北川景子と結婚して幸せオーラいっぱいのDAIGO。レギュラー番組も地上波だけで7本。CMも引っ張りダコで、正月三が日にオンエアされたCM出演本数は広瀬すずを抑えて374本とダントツ。まさに結婚バブルの真っ最中だ。

 出演中のドラマ「ヒガンバナ」も、主演の堀北真希とのダブル新婚効果で、同時間帯放送の長瀬智也主演の「フラジャイル」(フジ系)との“水10対決”を制して初回から5連勝を飾っていた。

 ところが、ついに17日放送の第6話で視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と初の1桁台陥落。一方の「フラジャイル」は9.2%で、水10対決が話題になった14年10月クール以来続いていた日テレ圧勝の構図が崩れてしまった。

「放送開始前は『ヒガンバナ』の圧勝が予想されていただけに、蓋を開けてみたら大接戦でスタッフはかなり危機感を持っていました。逆転を許した17日放送でも、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』の斎藤工らをカメオ出演させるなどのPR作戦をごり押ししたのですが、結果に結びつかなかった。前作『まっしろ』で5.7%の大惨敗だった主演の堀北への風当たりはもちろんですが、人気を当てにして相手役に起用されたDAIGOの演技力が足を引っ張っていると言われ始めている」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    不倫報道の福原愛 緩さとモテぶりは現役時から評判だった

  2. 2

    愛知県リコール署名偽造はビジネス右翼による国家国民攻撃

  3. 3

    「オレ流」落合監督の入閣打診 早すぎる前々年12月だった

  4. 4

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  5. 5

    粗品に“破滅型芸人”の匂い ギャンブル&借金でやっさん化

  6. 6

    福田元首相秘書が懸念「国会でモラルハザード起きている」

  7. 7

    菅側近はNTTともズブズブ 金満接待漬けで検察捜査に現実味

  8. 8

    情事の明暗 小川アナ夫は資産30億円目減りもアルペンは…

  9. 9

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  10. 10

    空港でパンツ下ろせ!中国が採用「肛門PCR」2つのメリット

もっと見る