• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

結婚バブル終了…「ヒガンバナ」失速させたDAIGOの演技力

 北川景子と結婚して幸せオーラいっぱいのDAIGO。レギュラー番組も地上波だけで7本。CMも引っ張りダコで、正月三が日にオンエアされたCM出演本数は広瀬すずを抑えて374本とダントツ。まさに結婚バブルの真っ最中だ。

 出演中のドラマ「ヒガンバナ」も、主演の堀北真希とのダブル新婚効果で、同時間帯放送の長瀬智也主演の「フラジャイル」(フジ系)との“水10対決”を制して初回から5連勝を飾っていた。

 ところが、ついに17日放送の第6話で視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と初の1桁台陥落。一方の「フラジャイル」は9.2%で、水10対決が話題になった14年10月クール以来続いていた日テレ圧勝の構図が崩れてしまった。

「放送開始前は『ヒガンバナ』の圧勝が予想されていただけに、蓋を開けてみたら大接戦でスタッフはかなり危機感を持っていました。逆転を許した17日放送でも、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』の斎藤工らをカメオ出演させるなどのPR作戦をごり押ししたのですが、結果に結びつかなかった。前作『まっしろ』で5.7%の大惨敗だった主演の堀北への風当たりはもちろんですが、人気を当てにして相手役に起用されたDAIGOの演技力が足を引っ張っていると言われ始めている」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  3. 3

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  4. 4

    ロバート秋山はCM8社で第3位 起用理由をスポンサーに直撃

  5. 5

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  6. 6

    小泉&小沢の“異色タッグ”は政界再編の起爆剤になるのか

  7. 7

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  8. 8

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  9. 9

    小倉智昭、ジャニ勢は…ワイドショー改編で首筋寒いMCたち

  10. 10

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」高視聴率で健闘のワケ

もっと見る