• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

結婚バブル終了…「ヒガンバナ」失速させたDAIGOの演技力

 北川景子と結婚して幸せオーラいっぱいのDAIGO。レギュラー番組も地上波だけで7本。CMも引っ張りダコで、正月三が日にオンエアされたCM出演本数は広瀬すずを抑えて374本とダントツ。まさに結婚バブルの真っ最中だ。

 出演中のドラマ「ヒガンバナ」も、主演の堀北真希とのダブル新婚効果で、同時間帯放送の長瀬智也主演の「フラジャイル」(フジ系)との“水10対決”を制して初回から5連勝を飾っていた。

 ところが、ついに17日放送の第6話で視聴率8.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区=以下同)と初の1桁台陥落。一方の「フラジャイル」は9.2%で、水10対決が話題になった14年10月クール以来続いていた日テレ圧勝の構図が崩れてしまった。

「放送開始前は『ヒガンバナ』の圧勝が予想されていただけに、蓋を開けてみたら大接戦でスタッフはかなり危機感を持っていました。逆転を許した17日放送でも、『臨床犯罪学者 火村英生の推理』の斎藤工らをカメオ出演させるなどのPR作戦をごり押ししたのですが、結果に結びつかなかった。前作『まっしろ』で5.7%の大惨敗だった主演の堀北への風当たりはもちろんですが、人気を当てにして相手役に起用されたDAIGOの演技力が足を引っ張っていると言われ始めている」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る