日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“琴バウアー”も芸に アスリートのバラエティー出演に疑問

 スポーツ選手がゲームやおちゃらけたトークをやるバラエティー番組が多くてウンザリだが、先場所優勝したばかりの琴奨菊もバラエティーに出始めた。

 20日の「炎の体育会TV」(TBS系)で、メンタリストDAIGOとのカードバトルだったから、体を張ったバカなゲームではなかったが、登場する際にはスモークの中、いきなり“琴バウアー”を披露。ゲーム中、DAIGOに心理を読まれ、ピンチになった時にもリラックスするために琴バウアーをやって大ウケ。まるで芸人の一発芸みたい。負けて「悔しい~!」と目を細めた自然な笑顔はテレビ慣れした印象だ。1回優勝したぐらいで、バラエティーに出てヘラヘラしていていいのか。

 相撲は隔月で場所があり、場所がない時は地方巡業があるから、ハードだ。たまにバラエティーに出るくらいは体調に影響はないだろうが、来場所に負け越したらバッシングされるゾ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事