• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸能界“薬物汚染”の深刻…大物歌手や中堅芸人にも疑惑の目

 24日、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」が所属タレントと従業員を対象にした「違法薬物に関する緊急セミナー」を開催した。

 ピスタチオ、バンビーノ、トータルテンボス大村朋宏、佐久間一行、バイク川崎バイクといった芸人300人と社員150人が出席。警視庁組織対策5課の捜査員がパワーポイントで薬物の危険性を解説した。

 よしもとは10年以上前から薬物、暴力団、ストーカーなどをテーマに最低半年に1回のペースでコンプライアンス研修を行ってきたが、組対5課が協力したのは初。「清原さんの逮捕と今回の講習開催は直接的には関係ないが、もう一度気を引き締めようというきっかけにはなった」(セミナー担当者)という。

 セミナーに参加した石井一久(42)は「昔から野球界で聞いていた話もあった。メジャーのときは(違法薬物には手を出さず)ニューヨークステーキを食べて頑張ってました。ニューヨークステーキが僕の一番のクスリです」とコメント。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  4. 4

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  5. 5

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    日本が「国後・択捉」領有権を主張できる根拠は存在しない

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    大坂に体作りとコートへの集中力を促したコーチの手練手管

もっと見る