芸能界“薬物汚染”の深刻…大物歌手や中堅芸人にも疑惑の目

公開日:  更新日:

 24日、「よしもとクリエイティブ・エージェンシー」が所属タレントと従業員を対象にした「違法薬物に関する緊急セミナー」を開催した。

 ピスタチオ、バンビーノ、トータルテンボス大村朋宏、佐久間一行、バイク川崎バイクといった芸人300人と社員150人が出席。警視庁組織対策5課の捜査員がパワーポイントで薬物の危険性を解説した。

 よしもとは10年以上前から薬物、暴力団、ストーカーなどをテーマに最低半年に1回のペースでコンプライアンス研修を行ってきたが、組対5課が協力したのは初。「清原さんの逮捕と今回の講習開催は直接的には関係ないが、もう一度気を引き締めようというきっかけにはなった」(セミナー担当者)という。

 セミナーに参加した石井一久(42)は「昔から野球界で聞いていた話もあった。メジャーのときは(違法薬物には手を出さず)ニューヨークステーキを食べて頑張ってました。ニューヨークステーキが僕の一番のクスリです」とコメント。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  7. 7

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る