長男の死を乗り越え…草刈正雄がたどりついた“軽みの境地”

公開日: 更新日:

 愛娘を横にして頬が緩みっぱなしだった。

 俳優の草刈正雄(63)が1日、次女で末っ子の女優・草刈麻有(22)とともに「鑑賞マニュアル 美の壺」(金曜19時半~、NHK・BSプレミアム)のロケ取材会に出席。4月1日放送回で若かりし頃の恋人同士という設定で共演したことについて、「驚きましたねぇ。嫌ですねぇ。なんてコンテを作ってくれるのか」と苦笑い。一方の麻有は、「家ではだらだらしているパパしか見てないので新鮮でした」と、“働く”父親のりりしい姿に驚いた様子だった。

 通称「美の壺」は4月で放送10周年を迎える人気教養番組。初代ナビゲーター谷啓の時代から同番組の大ファンだったという草刈は、「こんなセンスのいい番組に7年間も出演できてうれしい」と喜びを語ったが、今や草刈自身の俳優としてのセンスにもさらに磨きがかかり、円熟の域に達したといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    140億円の超ジャンボ宝くじ当てた 40代夫婦のその後の生活

  2. 2

    和歌山県 仁坂吉伸知事に聞く「和歌山モデル」の全貌

  3. 3

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  4. 4

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  5. 5

    5歳未満のコロナウイルス保有量「大人の10~100倍」のナゾ

  6. 6

    岩手県初のコロナ感染者に誹謗中傷が…ウソ申告増加の懸念

  7. 7

    史上最大の復活V 照ノ富士“地獄”を見て相撲も性格もガラリ

  8. 8

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  9. 9

    裏金作りにキャバクラ接待 鹿島建設は“組”時代と変わらぬ

  10. 10

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

もっと見る