日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

長男の死を乗り越え…草刈正雄がたどりついた“軽みの境地”

 愛娘を横にして頬が緩みっぱなしだった。

 俳優の草刈正雄(63)が1日、次女で末っ子の女優・草刈麻有(22)とともに「鑑賞マニュアル 美の壺」(金曜19時半~、NHK・BSプレミアム)のロケ取材会に出席。4月1日放送回で若かりし頃の恋人同士という設定で共演したことについて、「驚きましたねぇ。嫌ですねぇ。なんてコンテを作ってくれるのか」と苦笑い。一方の麻有は、「家ではだらだらしているパパしか見てないので新鮮でした」と、“働く”父親のりりしい姿に驚いた様子だった。

 通称「美の壺」は4月で放送10周年を迎える人気教養番組。初代ナビゲーター谷啓の時代から同番組の大ファンだったという草刈は、「こんなセンスのいい番組に7年間も出演できてうれしい」と喜びを語ったが、今や草刈自身の俳優としてのセンスにもさらに磨きがかかり、円熟の域に達したといえるだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事