• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

官兵衛超えなるか 「真田丸」ゆかりの地がはじく経済効果

 第4話の視聴率が17%台までダウン。早くも客離れが心配されていたNHK大河ドラマ「真田丸」(三谷幸喜脚本)だったが、5話(7日放送)の平均視聴率は19.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)と前回より1.2ポイント増となり、ふたたび上昇気流に乗った。

 主人公真田信繁を演じる堺雅人(42)以上に、際立った存在感を見せる真田家当主(昌幸)役の草刈正雄(63)がまだまだ盛り上げてくれそうな予感だが、そんな真田丸ブームを千載一遇のチャンスとばかりに全国各地にある「真田家ゆかりの地」は観光客の誘致に燃えている。

 今まさに物語の舞台となっている一族ゆかりの長野県上田市では大河ドラマ館を設置した。先月17日のオープンから今月8日までの累計入館者数は2万948人。1年間で50万人の入館者数を見込む中、「今時分の信州は寒さが厳しい。春の行楽シーズン前の閑散期の中で順調な出だしと考えています」(上田市政策企画部シティプロモーション推進室)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る