• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「真田丸」ナレーションも 有働アナ“一極集中”に疑問符

 NHK大河ドラマ「真田丸」は初回視聴率19・9%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)でまずまずの船出。脚本の三谷幸喜のテイストはうまく生きていて、笑わせてくれる演出も期待が持てる。

 しかし、「また」という思いだったのがナレーションだ。紅白歌合戦の総合司会も担当した「あさイチ」の有働由美子ではないか。何から何まで有働というのはいかがなものか。

「有働はうまいとは思わなかったし、今、話題の桑子真帆や所ジョージと番組をやっている久保田祐佳、有働と同年代の小野文恵もいる。とにかく放送局で一番アナウンサーがいるのがNHK。ちょっとえこひいきが過ぎるという声も局内外にある」(マスコミ関係者)

“一極集中”で暇を持て余すアナウンサーが増えて、危険ドラッグ所持で逮捕された塚本堅一アナ(37)みたいに事件を起こすなんてことにならなければいいけど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

  10. 10

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

もっと見る