破門されて1年…桂きん枝さんを救った亡き恩人の“直談判”

公開日:  更新日:

 芸歴47年目、円熟の噺家として人気の桂きん枝さん(65)。だが、かつて師匠だった5代目桂文枝(故人)から破門されて、落語界どころか芸能界からも消えていた空白の1年があった。その窮地を救ったのがこの人だった――。

  ◇  ◇  ◇

「多持(5代目桂文枝の本名、長谷川多持)、きん枝、戻してええか……。戻すで」

「兄貴がそう言うなら、しゃあないなあ」

 大阪・玉出にあった先代の文枝師匠のご自宅ですわ。忘れもせん、1984年の春。故・6代目笑福亭松鶴師匠(享年68)が、破門・謹慎中やった私を連れて、文枝師匠の自宅へ行き、復帰を直談判してくれはったんです。

 僕は玄関におって中の様子は見えへんかった。それでもおふたりの声はよう聞こえてました。この瞬間、僕の約1年の破門が解けて復帰が決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  8. 8

    赤っ恥最下位で阪神OBが提言「大山を4番三塁に固定して」

  9. 9

    手当削減で高給に陰り…セールスポイント失った銀行の惨状

  10. 10

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

もっと見る