破門されて1年…桂きん枝さんを救った亡き恩人の“直談判”

公開日: 更新日:

 芸歴47年目、円熟の噺家として人気の桂きん枝さん(65)。だが、かつて師匠だった5代目桂文枝(故人)から破門されて、落語界どころか芸能界からも消えていた空白の1年があった。その窮地を救ったのがこの人だった――。

  ◇  ◇  ◇

「多持(5代目桂文枝の本名、長谷川多持)、きん枝、戻してええか……。戻すで」

「兄貴がそう言うなら、しゃあないなあ」

 大阪・玉出にあった先代の文枝師匠のご自宅ですわ。忘れもせん、1984年の春。故・6代目笑福亭松鶴師匠(享年68)が、破門・謹慎中やった私を連れて、文枝師匠の自宅へ行き、復帰を直談判してくれはったんです。

 僕は玄関におって中の様子は見えへんかった。それでもおふたりの声はよう聞こえてました。この瞬間、僕の約1年の破門が解けて復帰が決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  2. 2

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  3. 3

    大阪W選は自民リード…松井一郎氏“落選危機”で維新真っ青

  4. 4

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  5. 5

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  6. 6

    下方修正なのに…月例経済報告「緩やかに景気回復」の大嘘

  7. 7

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  8. 8

    白髪イチローの衰えた姿に身震いするような色気を感じる

  9. 9

    JOC後任会長の最有力 山下泰裕氏の評判と“先祖返り”懸念

  10. 10

    20代美女と醜聞発覚 田原俊彦の“業界評”が真っ二つのワケ

もっと見る