破門されて1年…桂きん枝さんを救った亡き恩人の“直談判”

公開日:  更新日:

 芸歴47年目、円熟の噺家として人気の桂きん枝さん(65)。だが、かつて師匠だった5代目桂文枝(故人)から破門されて、落語界どころか芸能界からも消えていた空白の1年があった。その窮地を救ったのがこの人だった――。

  ◇  ◇  ◇

「多持(5代目桂文枝の本名、長谷川多持)、きん枝、戻してええか……。戻すで」

「兄貴がそう言うなら、しゃあないなあ」

 大阪・玉出にあった先代の文枝師匠のご自宅ですわ。忘れもせん、1984年の春。故・6代目笑福亭松鶴師匠(享年68)が、破門・謹慎中やった私を連れて、文枝師匠の自宅へ行き、復帰を直談判してくれはったんです。

 僕は玄関におって中の様子は見えへんかった。それでもおふたりの声はよう聞こえてました。この瞬間、僕の約1年の破門が解けて復帰が決まったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  3. 3

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る