詐欺で出頭のチェ・ホンマン 母国では「笑いもの」転落人生

公開日:  更新日:

 218センチの長身を生かし異種格闘技戦「K-1」などで活躍した韓国の総合格闘家、崔洪万(35)が26日夜、検察に出頭した。韓国ソウル東部地検が20日に詐欺容疑で逮捕状を請求していた。本人は27日早朝に帰宅したが、検察は今後も捜査を進め、身柄を拘束するか改めて検討するという。

「チェは2013年に交際女性に時計を買う名目で、知人から約1億ウォン(約1100万円)を借りていたが、返さなかったとして昨年2月に告訴されていました。検察からの数回にわたる出頭要求を無視したため、逮捕状が請求されるに至りました」(韓国事情通)

 チェは韓国の伝統相撲「シルム」の元横綱で、05年にK-1ワールドGP出場を経て、総合格闘技の道へ。日本でも人気を博し、テレビや映画にたびたび出演していた。

 09年ごろから試合に出なくなったが、その後は、韓国を拠点に芸能活動や飲食店などを経営。だが、現地ではたびたびトラブルを起こすことで有名だったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る