3度挑戦でプロ棋士に “41歳遅咲き男”今泉健司氏の生き方

公開日:  更新日:

 苦節27年、41歳でプロ棋士になる今泉健司氏が話題になっている。今泉氏は14歳で日本将棋連盟奨励会に入るも、26歳までにプロと認められる四段に昇段できず、年齢制限のために退会。34歳のとき再入会して三段リーグに挑戦も、2年間で四段になれなかったため再度退会した。今回はプロを相手に10勝以上、勝率6割5分以上の成績を収め、プロ編入試験の資格を得て、プロ編入試験5番勝負を3勝1敗で勝ち越し、晴れてプロ棋士の資格を手にした。来年4月にプロ四段となる。

 苦労の人だ。奨励会を退会したあとはレストランや証券会社に勤め、現在は故郷・広島県福山市の高齢者施設で介護士をしている。結婚経験はない。9日、今泉氏本人がこう話してくれた。

「レストランでは調理場でスパゲティを作り、証券会社ではディーラーをやりました。介護士の仕事は5年前から。高齢者の食事や移動の介助をしています。帰宅後、インターネット将棋で鍛え、昼休みは頭の中で詰め将棋をしてきました。ここまで諦めずにこられたのは純粋に将棋が好きだから。好きな将棋が僕を導いてくれたのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る