• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

政治家転身を封印 フェンシング太田に東京でも金の可能性

「頂点を狙える位置にいられるならやるべきだと思う」――。

 フェンシング世界選手権(ロシア・モスクワ)の男子フルーレで日本人初の金メダルを獲得した太田雄貴(29)が凱旋帰国。都内で行った会見で自ら招致活動に携わった20年東京五輪への出場に意欲を見せた。

 16日の世界選手権決勝後には「今はリオで一区切りだと思っている」と明言。本人も周囲も色気をもっている政治家転身へ本腰を入れると見られたが、とりあえずそれを封印し、「ロンドン(五輪)の時もそう(引退と)思っていたけど、リオが終わって『やめろ』と言われるのはつらいので含みを残しておく」という。

 フルーレ団体で銀メダル獲得に貢献したロンドン五輪後に、一度は引退。東京五輪招致に尽力した。その間、関係者との会食や宴席などが重なり、13年10月の東京国体で現役復帰を決意した際にはベストの69キロから10キロ近くも体重が増えたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  2. 2

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  3. 3

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  4. 4

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  5. 5

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  6. 6

    写真誌に撮られた休日の有働アナに「私服がダサい」の声が

  7. 7

    「すれ違いが原因」に違和感 NHK桑子アナの離婚の真相は?

  8. 8

    通信機器宣伝マンから再出発 “ギター侍”波田陽区さんは今

  9. 9

    国会大幅延長は安倍3選のためか 総裁選工作に血税90億円

  10. 10

    退所しても人気絶大 ジャニーズは3日やったらやめられない

もっと見る