政治家転身を封印 フェンシング太田に東京でも金の可能性

公開日:  更新日:

「頂点を狙える位置にいられるならやるべきだと思う」――。

 フェンシング世界選手権(ロシア・モスクワ)の男子フルーレで日本人初の金メダルを獲得した太田雄貴(29)が凱旋帰国。都内で行った会見で自ら招致活動に携わった20年東京五輪への出場に意欲を見せた。

 16日の世界選手権決勝後には「今はリオで一区切りだと思っている」と明言。本人も周囲も色気をもっている政治家転身へ本腰を入れると見られたが、とりあえずそれを封印し、「ロンドン(五輪)の時もそう(引退と)思っていたけど、リオが終わって『やめろ』と言われるのはつらいので含みを残しておく」という。

 フルーレ団体で銀メダル獲得に貢献したロンドン五輪後に、一度は引退。東京五輪招致に尽力した。その間、関係者との会食や宴席などが重なり、13年10月の東京国体で現役復帰を決意した際にはベストの69キロから10キロ近くも体重が増えたという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  3. 3

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  7. 7

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  8. 8

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  9. 9

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  10. 10

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

もっと見る