「今が円熟の域」と評判 タモリのブレない“仕事術”とは?

公開日:  更新日:

「まさに円熟の域。素晴らしい」といった声が多数上がっているのが、タモリ(70)。昨年末は紅白歌合戦の総合司会のオファーを蹴り、話題になったが、3月放送の日テレ系「天才バカボン」でドラマ主題歌に初挑戦することが明らかになった。恩師である故赤塚不二夫さんの代表作の初の実写化ということもあり、「やらないわけにはいかない」と話しているそうだ。

「たとえ国民的歌番組であっても、やりたくなければやらないところといい、いい意味でわがまま。主義主張がはっきりしていて、シルバー世代には理想の仕事の仕方として、共感を集めているのです。本人も、『笑っていいとも!』での週5日、月~金のルーティンから解放され、本来の自分を取り戻している。NHKの街歩き番組『ブラタモリ』で披露しているような、趣味やこだわりの部分を発揮できているのですから、充実感を得ていると思いますよ」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  7. 7

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  8. 8

    平成最後の紅白は迷走…“目玉なし”で視聴率最低の大ピンチ

  9. 9

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る