「今が円熟の域」と評判 タモリのブレない“仕事術”とは?

公開日:  更新日:

「まさに円熟の域。素晴らしい」といった声が多数上がっているのが、タモリ(70)。昨年末は紅白歌合戦の総合司会のオファーを蹴り、話題になったが、3月放送の日テレ系「天才バカボン」でドラマ主題歌に初挑戦することが明らかになった。恩師である故赤塚不二夫さんの代表作の初の実写化ということもあり、「やらないわけにはいかない」と話しているそうだ。

「たとえ国民的歌番組であっても、やりたくなければやらないところといい、いい意味でわがまま。主義主張がはっきりしていて、シルバー世代には理想の仕事の仕方として、共感を集めているのです。本人も、『笑っていいとも!』での週5日、月~金のルーティンから解放され、本来の自分を取り戻している。NHKの街歩き番組『ブラタモリ』で披露しているような、趣味やこだわりの部分を発揮できているのですから、充実感を得ていると思いますよ」(スポーツ紙芸能デスク)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  5. 5

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  8. 8

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  9. 9

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  10. 10

    「3年A組」好調キープ 狂気はらむ菅田将暉“演技力の源泉”

もっと見る