• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

熊本地震の影響が随所に テレビの現場はピリピリムード

 九州・熊本地方を襲った大地震は、いまだ収束する気配がない。そんな中で改めて注目を集めているのが震災を報じるテレビ局の姿勢だ。

「とくに頭を抱えているのがバラエティー番組のスタッフです。ここ1週間はオンエアする前にチェックして、熊本県に関するネタを先送りにしました。続いて番組テロップから潰れる、倒れる、崩壊など地震を想起させる表現を省きました。当然ですが、熊本など九州地方のロケはすべて中止です」(事情通)

 放送日をずらさざるをえなくなったのは日本テレビの福士蒼汰&土屋太鳳主演連ドラ「お迎えデス。」。当初、初回は今月16日だったが、1週間遅らせて23日になった。

「遅らせた理由はタイトル。局内でも、さすがに『お迎えデス』は不謹慎となった。死をお迎えにいくという意味にとられますからね。震災で亡くなった方が増えている段階で、一時はタイトルの変更も真剣に検討されました。結局議論の末、1週間遅らせるという結論になりました」(日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パワハラ男性マネをクビに!長澤まさみの凄みは色気と男気

  2. 2

    がん患者にヤジ 自民・穴見議員に政治資金“還流”疑惑浮上

  3. 3

    嘘で嘘を塗り固め…加計理事長に逮捕の可能性はあるのか

  4. 4

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  5. 5

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  6. 6

    やる気あるのか日朝会談 北の“天敵”が交渉役の危うい選択

  7. 7

    他人事じゃない…韓国でも懸念される「エスコバルの悲劇」

  8. 8

    大迫弾お膳立ても“過去の人”…本田圭佑の気になるW杯後

  9. 9

    V候補がGL敗退危機に…アルゼンチン衝撃的惨敗の“元凶”

  10. 10

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

もっと見る