熊本地震の影響が随所に テレビの現場はピリピリムード

公開日:  更新日:

 九州・熊本地方を襲った大地震は、いまだ収束する気配がない。そんな中で改めて注目を集めているのが震災を報じるテレビ局の姿勢だ。

「とくに頭を抱えているのがバラエティー番組のスタッフです。ここ1週間はオンエアする前にチェックして、熊本県に関するネタを先送りにしました。続いて番組テロップから潰れる、倒れる、崩壊など地震を想起させる表現を省きました。当然ですが、熊本など九州地方のロケはすべて中止です」(事情通)

 放送日をずらさざるをえなくなったのは日本テレビの福士蒼汰&土屋太鳳主演連ドラ「お迎えデス。」。当初、初回は今月16日だったが、1週間遅らせて23日になった。

「遅らせた理由はタイトル。局内でも、さすがに『お迎えデス』は不謹慎となった。死をお迎えにいくという意味にとられますからね。震災で亡くなった方が増えている段階で、一時はタイトルの変更も真剣に検討されました。結局議論の末、1週間遅らせるという結論になりました」(日テレ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  8. 8

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る