「私は清原さんの信者」密売人が法廷で語った覚醒剤取引

公開日:  更新日:

 元プロ野球選手、清原和博被告(48)に覚醒剤を譲り渡した密売人・小林和之被告の初公判が27日、東京地裁で開かれた。小林被告は起訴内容を認め、清原との取引の様子を明かした。

 清原が電話で「ありますか?」と聞き、小林被告に「ひとつお願いします」と依頼するやりとり。ひとつとは「1パケット(0.6グラム)と注射器2、3本を4万円」の意味という。

 小林被告はおまけとして自分が持っていた覚醒剤もプラスして清原に譲渡。清原には仕入れた金額と同額の値段で販売し、「取引は赤字だった。私は清原さんの信者なので儲ける気はなかった」と語った。

 この日の公判には26席に対して一般傍聴券を求める309人が抽選の列に並んだ。清原の初公判は5月17日に行われる予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  10. 10

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

もっと見る