• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「私は清原さんの信者」密売人が法廷で語った覚醒剤取引

 元プロ野球選手、清原和博被告(48)に覚醒剤を譲り渡した密売人・小林和之被告の初公判が27日、東京地裁で開かれた。小林被告は起訴内容を認め、清原との取引の様子を明かした。

 清原が電話で「ありますか?」と聞き、小林被告に「ひとつお願いします」と依頼するやりとり。ひとつとは「1パケット(0.6グラム)と注射器2、3本を4万円」の意味という。

 小林被告はおまけとして自分が持っていた覚醒剤もプラスして清原に譲渡。清原には仕入れた金額と同額の値段で販売し、「取引は赤字だった。私は清原さんの信者なので儲ける気はなかった」と語った。

 この日の公判には26席に対して一般傍聴券を求める309人が抽選の列に並んだ。清原の初公判は5月17日に行われる予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  2. 2

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  3. 3

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  4. 4

    最高裁も覚悟…森友問題で財務&国交省が隠したかったコト

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    最大の後ろ盾も失い…楽天・梨田監督“電撃辞任”の全内幕

  7. 7

    大阪北部地震で注目…活断層“直撃リスク”のある「17原発」

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    電撃辞任後は連勝も…楽天“ポスト梨田”に挙がる2人の名前

  10. 10

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

もっと見る