「私は清原さんの信者」密売人が法廷で語った覚醒剤取引

公開日: 更新日:

 元プロ野球選手、清原和博被告(48)に覚醒剤を譲り渡した密売人・小林和之被告の初公判が27日、東京地裁で開かれた。小林被告は起訴内容を認め、清原との取引の様子を明かした。

 清原が電話で「ありますか?」と聞き、小林被告に「ひとつお願いします」と依頼するやりとり。ひとつとは「1パケット(0.6グラム)と注射器2、3本を4万円」の意味という。

 小林被告はおまけとして自分が持っていた覚醒剤もプラスして清原に譲渡。清原には仕入れた金額と同額の値段で販売し、「取引は赤字だった。私は清原さんの信者なので儲ける気はなかった」と語った。

 この日の公判には26席に対して一般傍聴券を求める309人が抽選の列に並んだ。清原の初公判は5月17日に行われる予定だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る