土下座で金銭工面も…清原被告を待つ「24時間軟禁」生活

公開日: 更新日:

 先月2日の逮捕から、実に44日ぶりのシャバ。覚醒剤の所持と使用の罪で起訴された清原和博被告(48)が17日、現金500万円を納めて保釈されたが、この先に待っているのは“飼い殺し”生活のようだ。

 午後6時50分すぎ、清原被告を乗せた“目隠し”ワンボックスカーは警視庁本部を出た後、マスコミ各社が用意した十数台のバイクを引き連れ、千葉県松戸市にある総合病院へ向かった。

 清原被告は「持病の糖尿病などの検査・治療のために、しばらく入院させていただく予定」とコメント。初公判の5月17日まで約2カ月間は治療に専念するとみられる。

「清原被告は逮捕直後よりは落ち着きを取り戻しつつありますが、『早く外に出たい』と明るく話したかと思えば、急に『出るのが怖い』と落ち込むなど、感情の起伏が激しいそうです。警視庁の留置施設内で突然大声で泣き出すこともあった。万が一の事態に備え、すぐに取り押さえられるように“さすまた”まで置かれていたそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    大河「青天を衝け」の死角 渋沢栄一の“カネと女”どう描く

  2. 2

    吉沢亮「青天を衝け」と綾瀬はるか「八重の桜」嫌な共通点

  3. 3

    Koki,がシャネルからお払い箱に…静香ママとも意見対立?

  4. 4

    「ききょう企画」を追われた母の反撃…次女に質問状を送付

  5. 5

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

  6. 6

    香取慎吾テレ東主演で明白…元SMAP3人“塩漬け”はお粗末!

  7. 7

    山田真貴子氏は“ジジ殺し” 内閣広報官の評判と夜の流儀

  8. 8

    和牛に海鮮…山田広報官ら東北新社“37万円ゴチ”お咎めは?

  9. 9

    新婚ホヤホヤ 草彅剛の20億円豪邸はキムタク宅がお手本?

  10. 10

    NHK大河「青天を衝け」2回目視聴率急降下でよぎるジンクス

もっと見る