土下座で金銭工面も…清原被告を待つ「24時間軟禁」生活

公開日: 更新日:

 先月2日の逮捕から、実に44日ぶりのシャバ。覚醒剤の所持と使用の罪で起訴された清原和博被告(48)が17日、現金500万円を納めて保釈されたが、この先に待っているのは“飼い殺し”生活のようだ。

 午後6時50分すぎ、清原被告を乗せた“目隠し”ワンボックスカーは警視庁本部を出た後、マスコミ各社が用意した十数台のバイクを引き連れ、千葉県松戸市にある総合病院へ向かった。

 清原被告は「持病の糖尿病などの検査・治療のために、しばらく入院させていただく予定」とコメント。初公判の5月17日まで約2カ月間は治療に専念するとみられる。

「清原被告は逮捕直後よりは落ち着きを取り戻しつつありますが、『早く外に出たい』と明るく話したかと思えば、急に『出るのが怖い』と落ち込むなど、感情の起伏が激しいそうです。警視庁の留置施設内で突然大声で泣き出すこともあった。万が一の事態に備え、すぐに取り押さえられるように“さすまた”まで置かれていたそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る