• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土下座で金銭工面も…清原被告を待つ「24時間軟禁」生活

 先月2日の逮捕から、実に44日ぶりのシャバ。覚醒剤の所持と使用の罪で起訴された清原和博被告(48)が17日、現金500万円を納めて保釈されたが、この先に待っているのは“飼い殺し”生活のようだ。

 午後6時50分すぎ、清原被告を乗せた“目隠し”ワンボックスカーは警視庁本部を出た後、マスコミ各社が用意した十数台のバイクを引き連れ、千葉県松戸市にある総合病院へ向かった。

 清原被告は「持病の糖尿病などの検査・治療のために、しばらく入院させていただく予定」とコメント。初公判の5月17日まで約2カ月間は治療に専念するとみられる。

「清原被告は逮捕直後よりは落ち着きを取り戻しつつありますが、『早く外に出たい』と明るく話したかと思えば、急に『出るのが怖い』と落ち込むなど、感情の起伏が激しいそうです。警視庁の留置施設内で突然大声で泣き出すこともあった。万が一の事態に備え、すぐに取り押さえられるように“さすまた”まで置かれていたそうです」(捜査事情通)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  6. 6

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る