病室でも不安な表情…清原被告が恐れる裏社会の“逆恨み”

公開日: 更新日:

 かつて「番長」と呼ばれた男が何にビビっているのか。18日、日本テレビのカメラが捉えた入院中の清原和博被告(48)の様子には、異様なムードが漂っていた。窓ガラスの前に立ち、カーテンの間から外の様子をうかがうこと30秒以上。不安そうな表情は何かに怯えているように見えた。清原被告を震え上がらせる存在とは――。

■入院生活も「命懸け」

 清原被告は現在、持病の糖尿病の検査・治療のため、千葉・松戸市の総合病院に入院している。病室は病院に1室しかない指紋認証で入り口が開く特別個室。1日当たりの入院費は5万4000円というVIPルームである。酒とオンナとシャブに溺れた放蕩三昧で、金欠状態の清原被告にとっては手痛い出費のはずだ。

 セキュリティー万全の病室に加え、関係者以外、建物内には一歩も近づかせない厳戒態勢。保釈後に清原被告が車で病院施設に入った際も、入り口に「カラーコーン」を並べ、追跡してきたマスコミのバイクを封鎖していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    小室圭さん結婚強行で「税金ドロボー」の声に逆転の秘策

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    秋篠宮家を守る官僚や取り巻きの危機管理はマヒ状態

  10. 10

    身内調査は笑止千万 菅長男“ハレンチ接待”裏側と今後<上>

もっと見る