• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

病室でも不安な表情…清原被告が恐れる裏社会の“逆恨み”

 かつて「番長」と呼ばれた男が何にビビっているのか。18日、日本テレビのカメラが捉えた入院中の清原和博被告(48)の様子には、異様なムードが漂っていた。窓ガラスの前に立ち、カーテンの間から外の様子をうかがうこと30秒以上。不安そうな表情は何かに怯えているように見えた。清原被告を震え上がらせる存在とは――。

■入院生活も「命懸け」

 清原被告は現在、持病の糖尿病の検査・治療のため、千葉・松戸市の総合病院に入院している。病室は病院に1室しかない指紋認証で入り口が開く特別個室。1日当たりの入院費は5万4000円というVIPルームである。酒とオンナとシャブに溺れた放蕩三昧で、金欠状態の清原被告にとっては手痛い出費のはずだ。

 セキュリティー万全の病室に加え、関係者以外、建物内には一歩も近づかせない厳戒態勢。保釈後に清原被告が車で病院施設に入った際も、入り口に「カラーコーン」を並べ、追跡してきたマスコミのバイクを封鎖していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  2. 2

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  7. 7

    木更津総合・五島監督に聞く ドラフト候補が進学する理由

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    藤井氏“安倍内閣は酷すぎ”発言 なかなかいえない本当の話

  10. 10

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

もっと見る