過去を断ち切れず? 清原被告に心配される「再犯リスク」

公開日: 更新日:

「キヨは大丈夫か?」の声しきりだ。17日に保釈され、現在、糖尿病治療中の清原和博被告(48)に再犯のリスクが高まっているというから、穏やかじゃない。

 清原被告は保釈後、千葉県松戸市にある総合病院に入院した。

「一時は都内に極秘転院したというウワサも流れましたが、マスコミを撹乱するためのガセ情報だったようです。今は千葉の病院の1泊5万4000円する“VIPルーム”で治療を受けているらしい。指紋認証で入室するなどセキュリティーは万全です」(在京キー局関係者)

 ばっちりガードされ、再犯の恐れなんてなさそうだが、清原被告の身の回りの世話をしている人物が“問題アリ”らしい。

「清原被告を警視庁本部から病院に送り届けたのも、病院に集まった報道陣に焼き肉弁当を差し入れたのも、A氏という40代の男性です。A氏は東京・六本木でサパークラブを経営しており、清原被告と一緒に六本木のクラブなどを飲み歩いていたポン友です。金欠状態の清原被告をずっと支えていた」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  4. 4

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る