過去を断ち切れず? 清原被告に心配される「再犯リスク」

公開日:  更新日:

「キヨは大丈夫か?」の声しきりだ。17日に保釈され、現在、糖尿病治療中の清原和博被告(48)に再犯のリスクが高まっているというから、穏やかじゃない。

 清原被告は保釈後、千葉県松戸市にある総合病院に入院した。

「一時は都内に極秘転院したというウワサも流れましたが、マスコミを撹乱するためのガセ情報だったようです。今は千葉の病院の1泊5万4000円する“VIPルーム”で治療を受けているらしい。指紋認証で入室するなどセキュリティーは万全です」(在京キー局関係者)

 ばっちりガードされ、再犯の恐れなんてなさそうだが、清原被告の身の回りの世話をしている人物が“問題アリ”らしい。

「清原被告を警視庁本部から病院に送り届けたのも、病院に集まった報道陣に焼き肉弁当を差し入れたのも、A氏という40代の男性です。A氏は東京・六本木でサパークラブを経営しており、清原被告と一緒に六本木のクラブなどを飲み歩いていたポン友です。金欠状態の清原被告をずっと支えていた」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る