• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

過去を断ち切れず? 清原被告に心配される「再犯リスク」

「キヨは大丈夫か?」の声しきりだ。17日に保釈され、現在、糖尿病治療中の清原和博被告(48)に再犯のリスクが高まっているというから、穏やかじゃない。

 清原被告は保釈後、千葉県松戸市にある総合病院に入院した。

「一時は都内に極秘転院したというウワサも流れましたが、マスコミを撹乱するためのガセ情報だったようです。今は千葉の病院の1泊5万4000円する“VIPルーム”で治療を受けているらしい。指紋認証で入室するなどセキュリティーは万全です」(在京キー局関係者)

 ばっちりガードされ、再犯の恐れなんてなさそうだが、清原被告の身の回りの世話をしている人物が“問題アリ”らしい。

「清原被告を警視庁本部から病院に送り届けたのも、病院に集まった報道陣に焼き肉弁当を差し入れたのも、A氏という40代の男性です。A氏は東京・六本木でサパークラブを経営しており、清原被告と一緒に六本木のクラブなどを飲み歩いていたポン友です。金欠状態の清原被告をずっと支えていた」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る