“金欠”清原被告 メディアに「報復訴訟」で荒稼ぎの現実味

公開日: 更新日:

 千葉・松戸市内の病院から“極秘転院”したとの報道も出た清原和博被告(48)。現在は“雲隠れ”状態となっており、マスコミ各社がその行方を追っている。陽動作戦なのか。あるメディア関係者がこう言う。

「一部スポーツ紙が『都内近郊にある医療施設』に転院したと報じて、テレビ、新聞、週刊誌各社が都内の施設をしらみつぶしに調べたんです。だが、どこにも清原被告がいない。実は、まだ松戸市内の病院にいるのではとの見方も出ています。部屋を移っただけではないかと。転院したと見せかけて、マスコミが去った後に転院、退院すればいいからです」

 保釈早々、ヘリコプターやバイクに追い回され、入院したと思ったら、病室を激写される。大のマスコミ嫌いの清原被告にとって、この状況はたまったもんじゃないのだろう。そんなメディアスクラムに対し、着々と反撃を狙っているとの見方もある。訴訟という方法だ。

 実際、清原被告は2001年に「ストリップ通い」と報じた小学館を相手に訴訟を起こしており、1000万円の賠償金を得ている。14年に薬物疑惑を報じた文芸春秋に対しても、名誉毀損で計2億5000万円の損害賠償を請求しようとしていた。頼りにしていたタニマチもいなくなり、極度の“金欠”状態の清原被告が、カネ稼ぎのために訴訟を連発することは十分考えられる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

    投資被害で思い出す2017年、元女優E突如の引退…だからTKO木本武宏は記者会見を開くべき

  2. 2
    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

    Snow Man向井“ルッキズム発言”炎上で改めて分かった SMAPと嵐が「国民的アイドル」たるゆえん

  3. 3
    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

    愛子さまティアラ再び新調せず…国民思いの決断に称賛の声、国葬には税金ジャブジャブなのに

  4. 4
    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

    下村博文氏に「安倍さん以上の嘘つき」と批判の声 旧統一教会の名称変更で無理スジの釈明

  5. 5
    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

    山本淳一は「妻をソープ送り」報道…光GENJIの“哀れな末路”

  1. 6
    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

    文化系女子「ぼる塾」独り勝ちのワケ 「3時のヒロイン」との違いは?

  2. 7
    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

    超人ハルクに憧れた男の悲劇…ワセリン注入で腕切断の危機

  3. 8
    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 9
    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

    旧統一教会問題で「ミヤネ屋」「ゴゴスマ」が大健闘! ワイドショー“本領発揮”の舞台裏

  5. 10
    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか

    唐田えりか「女子プロレスラー」役の激太り増量で"みそぎ復活"なるか