• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

“金欠”清原被告 メディアに「報復訴訟」で荒稼ぎの現実味

 千葉・松戸市内の病院から“極秘転院”したとの報道も出た清原和博被告(48)。現在は“雲隠れ”状態となっており、マスコミ各社がその行方を追っている。陽動作戦なのか。あるメディア関係者がこう言う。

「一部スポーツ紙が『都内近郊にある医療施設』に転院したと報じて、テレビ、新聞、週刊誌各社が都内の施設をしらみつぶしに調べたんです。だが、どこにも清原被告がいない。実は、まだ松戸市内の病院にいるのではとの見方も出ています。部屋を移っただけではないかと。転院したと見せかけて、マスコミが去った後に転院、退院すればいいからです」

 保釈早々、ヘリコプターやバイクに追い回され、入院したと思ったら、病室を激写される。大のマスコミ嫌いの清原被告にとって、この状況はたまったもんじゃないのだろう。そんなメディアスクラムに対し、着々と反撃を狙っているとの見方もある。訴訟という方法だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  3. 3

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  6. 6

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  7. 7

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  8. 8

    手越はブログ炎上、女性には嫌がらせ…NEWS未成年飲酒の余波

  9. 9

    松本伊代&早見優 80年代アイドル歌謡ショーの隠れた需要

  10. 10

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

もっと見る