ドラマ「重版出来」で話題 若い編集者も読めない業界用語

公開日: 更新日:

 4月から始まったドラマ「重版出来!」(TBS系)。これ、なんと読むか分かるだろうか。でき……? 答えは、「じゅうはんしゅったい」である。

 同ドラマは「月刊!スピリッツ」(小学館)で2011年から連載中の人気漫画を原作としたもの。週刊コミック誌に配属された新米編集者の日常と奮闘を描いた作品である。

 ところで、「出来」を「しゅったい」と読む「重版出来」とは一体どういう意味なのか。大手出版社の書籍編集者に聞いてみると、「本の売れ行きが好調で在庫が少なくなってくると、もう一度印刷・製本をします。それが『重版』です。『出来』は物事が出来上がる、という意味の日本語ですね。つまり、重版が出来上がりましたよ、という意味の言葉で、本の広告や、重版が決まった本の帯などに目立つように入れたりします」とのこと。

 ただし、この編集者によれば、「普段、重版が決まったことを言うときには『重版かかった』『増刷決定』などという言い回しを使っています。しゅったい、とは言いませんね。広告や帯に文言を入れるよう指示するときにも、『重版でき、と入れてください』のように『でき』と読むのが慣例になっています」とか。業界では当たり前に飛び交う用語かと思いきや、口語では、ほとんど使うことがないのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    GACKT告白 浜田だけじゃない芸能界パワハラ&セクハラの闇

もっと見る