• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ「重版出来」で話題 若い編集者も読めない業界用語

 4月から始まったドラマ「重版出来!」(TBS系)。これ、なんと読むか分かるだろうか。でき……? 答えは、「じゅうはんしゅったい」である。

 同ドラマは「月刊!スピリッツ」(小学館)で2011年から連載中の人気漫画を原作としたもの。週刊コミック誌に配属された新米編集者の日常と奮闘を描いた作品である。

 ところで、「出来」を「しゅったい」と読む「重版出来」とは一体どういう意味なのか。大手出版社の書籍編集者に聞いてみると、「本の売れ行きが好調で在庫が少なくなってくると、もう一度印刷・製本をします。それが『重版』です。『出来』は物事が出来上がる、という意味の日本語ですね。つまり、重版が出来上がりましたよ、という意味の言葉で、本の広告や、重版が決まった本の帯などに目立つように入れたりします」とのこと。

 ただし、この編集者によれば、「普段、重版が決まったことを言うときには『重版かかった』『増刷決定』などという言い回しを使っています。しゅったい、とは言いませんね。広告や帯に文言を入れるよう指示するときにも、『重版でき、と入れてください』のように『でき』と読むのが慣例になっています」とか。業界では当たり前に飛び交う用語かと思いきや、口語では、ほとんど使うことがないのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  7. 7

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  8. 8

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  9. 9

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

  10. 10

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

もっと見る