ドラマ「重版出来」で話題 若い編集者も読めない業界用語

公開日:  更新日:

 4月から始まったドラマ「重版出来!」(TBS系)。これ、なんと読むか分かるだろうか。でき……? 答えは、「じゅうはんしゅったい」である。

 同ドラマは「月刊!スピリッツ」(小学館)で2011年から連載中の人気漫画を原作としたもの。週刊コミック誌に配属された新米編集者の日常と奮闘を描いた作品である。

 ところで、「出来」を「しゅったい」と読む「重版出来」とは一体どういう意味なのか。大手出版社の書籍編集者に聞いてみると、「本の売れ行きが好調で在庫が少なくなってくると、もう一度印刷・製本をします。それが『重版』です。『出来』は物事が出来上がる、という意味の日本語ですね。つまり、重版が出来上がりましたよ、という意味の言葉で、本の広告や、重版が決まった本の帯などに目立つように入れたりします」とのこと。

 ただし、この編集者によれば、「普段、重版が決まったことを言うときには『重版かかった』『増刷決定』などという言い回しを使っています。しゅったい、とは言いませんね。広告や帯に文言を入れるよう指示するときにも、『重版でき、と入れてください』のように『でき』と読むのが慣例になっています」とか。業界では当たり前に飛び交う用語かと思いきや、口語では、ほとんど使うことがないのだという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  3. 3

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  4. 4

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  5. 5

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る