• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清原の顔にボカシ…「おかげでした」総集編に視聴者騒然

 12日の「とんねるずのみなさんのおかげでした」(フジテレビ系)で突然、顔にボカシをかけられた人物が映し出され、視聴者が騒然としている。

 この日は放送888回を記念して過去の名場面の総集編を放送。顔にボカシがかかった人物が登場したのは、2012年にとんねるずらが小樽の魚市場をロケで訪れた際の映像で、お笑いコンビ「おぎやはぎ」の小木博明(44)が水槽に突き落とされるシーン。

 ロケに参加した出演者たちが小木の迫真のリアクションに爆笑する中、ひとり真っ白なスーツに身を包んだ大男の姿が。しかし、その顔にはボカシがかけられていた。このロケには、今年2月に起こした覚醒剤事件で逮捕・起訴された清原和博被告(48)が参加し、とんねるずらと共に魚市場を訪問していた。

 そのため、当時の放送を覚えていた視聴者からは<清原の顔にモザイクかかっていた>という指摘がネットで噴出。<清原先輩にモザイクかかってる 辛い…>と嘆くファンもいるようだ。

 2月の逮捕後、ニュース番組などでは本人以外の部分にボカシがかけられ報じられることも少なくなかったが、バラエティー番組では真逆の対応。これまで多くのテレビ番組に出演していた清原だけに、その影響を受けるテレビ番組は多そうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  4. 4

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  5. 5

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  6. 6

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  7. 7

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  10. 10

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

もっと見る