新人女優が続々露出 門脇麦が切り開いた「ヌード新時代」

公開日:  更新日:

 これを朗報と言わずして、なんと言う。今月26日公開の「2つ目の窓」の吉永淳(21)、続く来月30日公開「TOKYO TRIBE」の清野菜名(19)――この2人の女優は今夏公開の映画でヒロインを務める以外にもうひとつ、共通項がある。スクリーンで思い切りよくヌードを披露しているのだ。

「ヌード新時代」の先陣を切ったのは、門脇麦(21)。3月公開の「愛の渦」で乳首をさらけ出し、乱交パーティーに没頭する役を演じて話題になった。それに負けじと同世代の若手女優が銀幕でゾクゾクとヌードに。秋には市川由衣(28)が大胆な濡れ場に挑む「海を感じる時」も公開を控えている。

 90年代から2010年ごろにかけては、濡れ場や肌見せは断固NGという女優が多く、“売り方”として清純派が主流だった。「たとえば、鈴木京香。朝ドラ『君の名は』(91年)でブレークし、着実にキャリアを積みましたが、結局出し惜しみして、タイミングを逸した。おかげで京香サマのダイナマイトバディーは宝の持ち腐れとなってしまいました」(映画ライター)。そんなもったいない話も今は昔――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  3. 3

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  6. 6

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  7. 7

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

もっと見る