新人女優が続々露出 門脇麦が切り開いた「ヌード新時代」

公開日:  更新日:

 これを朗報と言わずして、なんと言う。今月26日公開の「2つ目の窓」の吉永淳(21)、続く来月30日公開「TOKYO TRIBE」の清野菜名(19)――この2人の女優は今夏公開の映画でヒロインを務める以外にもうひとつ、共通項がある。スクリーンで思い切りよくヌードを披露しているのだ。

「ヌード新時代」の先陣を切ったのは、門脇麦(21)。3月公開の「愛の渦」で乳首をさらけ出し、乱交パーティーに没頭する役を演じて話題になった。それに負けじと同世代の若手女優が銀幕でゾクゾクとヌードに。秋には市川由衣(28)が大胆な濡れ場に挑む「海を感じる時」も公開を控えている。

 90年代から2010年ごろにかけては、濡れ場や肌見せは断固NGという女優が多く、“売り方”として清純派が主流だった。「たとえば、鈴木京香。朝ドラ『君の名は』(91年)でブレークし、着実にキャリアを積みましたが、結局出し惜しみして、タイミングを逸した。おかげで京香サマのダイナマイトバディーは宝の持ち腐れとなってしまいました」(映画ライター)。そんなもったいない話も今は昔――。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る