• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝ドラは絶好調も 高畑充希は“私生活封印”に耐えられるか

「波瑠に続いて、『やめたい』なんて言い出さないか」と一部で心配されているのが、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン、高畑充希(24)だ。

「とと姉ちゃん」といえば、4月27日の24.6%を筆頭に好視聴率をキープ。高畑の演技力に対する評価も高まり、女優として絶好調なはず。前作「あさが来た」のヒロイン、波瑠が撮影中、精神的に落ち込み、「(女優を)やめたい」と母親に打ち明けていたことをこのほど告白して話題になったが、高畑も苦しんでいるというのか。

「波瑠がドラマ撮影に臨んだ昨夏、同い年で、モデルで俳優という似た境遇の坂口健太郎との交際をスポーツ紙に報じられています。双方の事務所は否定しましたが、その直後、『別れさせられたのではないか』という臆測が芸能マスコミの間で流れ、その傷心も、精神的落ち込みを招いたとされた。実は高畑にも、ウワサになったカレがいました。シンガー・ソングライターの高橋優、俳優の千葉雄大らです。高畑は、恋愛ご法度のNHKのほか、NTTファシリティーズにACジャパン、CHOYA『酔わないウメッシュ』など大手のCMもズラリですから、私生活でも話題を集めるわけにはいかない。写真誌などのマークも厳しく、相当、息詰まる日々を送っていると思います」(ドラマ制作関係者)

 前向きでいつも笑顔のヒロインを演じる裏に試練あり、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  4. 4

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

  5. 5

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  6. 6

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  7. 7

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  8. 8

    手越がトドメに? 日テレの情報番組からジャニタレ一掃も

  9. 9

    セネガル戦は苦戦必至 日本のキーマンとリスク回避策は?

  10. 10

    国債の取引不成立が続出…日銀の異次元緩和は完全にドロ沼

もっと見る