• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝ドラは絶好調も 高畑充希は“私生活封印”に耐えられるか

「波瑠に続いて、『やめたい』なんて言い出さないか」と一部で心配されているのが、NHKの朝ドラ「とと姉ちゃん」のヒロイン、高畑充希(24)だ。

「とと姉ちゃん」といえば、4月27日の24.6%を筆頭に好視聴率をキープ。高畑の演技力に対する評価も高まり、女優として絶好調なはず。前作「あさが来た」のヒロイン、波瑠が撮影中、精神的に落ち込み、「(女優を)やめたい」と母親に打ち明けていたことをこのほど告白して話題になったが、高畑も苦しんでいるというのか。

「波瑠がドラマ撮影に臨んだ昨夏、同い年で、モデルで俳優という似た境遇の坂口健太郎との交際をスポーツ紙に報じられています。双方の事務所は否定しましたが、その直後、『別れさせられたのではないか』という臆測が芸能マスコミの間で流れ、その傷心も、精神的落ち込みを招いたとされた。実は高畑にも、ウワサになったカレがいました。シンガー・ソングライターの高橋優、俳優の千葉雄大らです。高畑は、恋愛ご法度のNHKのほか、NTTファシリティーズにACジャパン、CHOYA『酔わないウメッシュ』など大手のCMもズラリですから、私生活でも話題を集めるわけにはいかない。写真誌などのマークも厳しく、相当、息詰まる日々を送っていると思います」(ドラマ制作関係者)

 前向きでいつも笑顔のヒロインを演じる裏に試練あり、か。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  9. 9

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  10. 10

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

もっと見る