元日テレアナ魚住りえ “話し方メソッド本”の中身と評判

公開日:  更新日:

 イベントののっけから「1972年、大阪生まれ。もう44歳です」と笑顔で語れる女は相当にタフで手ごわい――。

 元日本テレビのアナウンサーで現在はフリーで活躍中の魚住りえ(44)が24日、著書「10歳若返る!話し方のレッスン」(講談社)の出版記念トークショーを都内で行った。

 魚住は前著「たった1日で声まで良くなる話し方の教科書」が話し方本としては異例ともいえる10万部のベストセラーに。

 今作は心身のアンチエイジングをテーマに掲げ、声と話し方を意識するだけで誰でも引き締まったお腹と若々しい小顔が手に入ると評判のスピーチメソッドを公開している。初版は1万部。

 魚住メソッドを受講した生徒の中には早口が直って結婚できたという女性や、希望の会社に転職が実現した40代男性などもいるそうで、声の抑揚を意識することで人生まで大きく変わると説いている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人が岩隈獲得も…“救世主”とアテにできない致命的欠陥

  2. 2

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

  3. 3

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  4. 4

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  5. 5

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  6. 6

    清原の二の舞か…“Vの使者”丸を待つ巨人移籍1年目の大重圧

  7. 7

    FA丸を筆頭に総額50億円大補強…巨人最大の問題はリリーフ

  8. 8

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  9. 9

    FA炭谷加入で…G小林“正捕手剥奪”で年俸6000万円飼い殺し

  10. 10

    魔性の女が復活…「あな渡」は“荻野目慶子劇場”と化した

もっと見る