NHK桑子アナの熱愛につきまとう“同業婚”の不吉なジンクス

公開日: 更新日:

 3月まで「ブラタモリ」(NHK)でアシスタントを務めていた桑子真帆アナ(28)とフジテレビの谷岡慎一アナ(29)のデートが発売中の週刊ポストで報じられた。

 今年の年始にも噂されていた2人は朝方まで飲んだ後、千鳥足でタクシーに乗り込むと桑子の自宅マンションへ。同誌には谷岡アナの妹が「お兄ちゃんから『桑子さんと付き合っている』とノロケの報告をされた」という証言も掲載されている。

 2人は局こそ違えど、2010年入社の同期組。桑子アナは東京外国語大(チェコ語専攻)時代からNHKでバイトをするなど“生え抜き”のNHKっ子。入局後、長野放送局に3年間、広島放送局に2年間勤務したのち、昨年4月に東京へ異動。これがきっかけで2人は急接近したのだとか。

 一方、谷岡アナは千葉県から高知県土佐高校へ野球留学するほどの野球少年として育つも、1年のときにケガでプロの道を断念。1浪して法政大へ入学後、アテネ五輪の実況を見てアナウンサーを目指すようになり、甲子園の実況に憧れていたことから第1志望はじつはNHKだったという。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  2. 2

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  3. 3

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  4. 4

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  5. 5

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  6. 6

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  7. 7

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  8. 8

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  9. 9

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

  10. 10

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る