モハメド・アリを「日本に呼んだ男」が語る初来日の裏側

公開日: 更新日:

「僕が人生をかけた大きな仕事のひとつです」と振り返るのは伝説の呼び屋でプロデューサーの康芳夫氏(79)。今月3日に74歳で亡くなったプロボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ。日本では76年のアントニオ猪木との異種格闘技戦がよく知られているが、その猪木―アリ戦からさかのぼること4年――。72年にアリは初来日し、マック・フォスターとノンタイトル15回戦を戦っている。この試合を手がけたのが康氏だった。

「“蝶のように舞い、蜂のように刺す”という言葉で有名なソニー・リストン戦(64年)を見た瞬間にシビレてね。いつか絶対に日本に呼んでやると誓ったんです。でもアリに近づくのは生半可なことではない。だから、彼はイスラム教徒だったから代々木のイスラム寺院に偽装入信したりね(笑い)。とにかくあらゆる手を尽くして彼のマネジャーに近づいて信頼を獲得したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  2. 2

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  3. 3

    有村架純「ひよっこ」は「サザエさん」「渡鬼」になれるか

  4. 4

    MC復帰でバッシングも想定内? 河野景子の“したたか”戦略

  5. 5

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  6. 6

    ロケット団・三浦昌朗が明かす「死ぬしかない」と涙した夜

  7. 7

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  8. 8

    初版1万7000部も実売は…河野景子の“暴露本”売れてるの?

  9. 9

    「おおらかにやりたいが…」元“満塁男”駒田徳広さんの葛藤

  10. 10

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

もっと見る