モハメド・アリを「日本に呼んだ男」が語る初来日の裏側

公開日:  更新日:

「僕が人生をかけた大きな仕事のひとつです」と振り返るのは伝説の呼び屋でプロデューサーの康芳夫氏(79)。今月3日に74歳で亡くなったプロボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ。日本では76年のアントニオ猪木との異種格闘技戦がよく知られているが、その猪木―アリ戦からさかのぼること4年――。72年にアリは初来日し、マック・フォスターとノンタイトル15回戦を戦っている。この試合を手がけたのが康氏だった。

「“蝶のように舞い、蜂のように刺す”という言葉で有名なソニー・リストン戦(64年)を見た瞬間にシビレてね。いつか絶対に日本に呼んでやると誓ったんです。でもアリに近づくのは生半可なことではない。だから、彼はイスラム教徒だったから代々木のイスラム寺院に偽装入信したりね(笑い)。とにかくあらゆる手を尽くして彼のマネジャーに近づいて信頼を獲得したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  10. 10

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

もっと見る