日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

モハメド・アリを「日本に呼んだ男」が語る初来日の裏側

「僕が人生をかけた大きな仕事のひとつです」と振り返るのは伝説の呼び屋でプロデューサーの康芳夫氏(79)。今月3日に74歳で亡くなったプロボクシングの元ヘビー級王者、モハメド・アリ。日本では76年のアントニオ猪木との異種格闘技戦がよく知られているが、その猪木―アリ戦からさかのぼること4年――。72年にアリは初来日し、マック・フォスターとノンタイトル15回戦を戦っている。この試合を手がけたのが康氏だった。

「“蝶のように舞い、蜂のように刺す”という言葉で有名なソニー・リストン戦(64年)を見た瞬間にシビレてね。いつか絶対に日本に呼んでやると誓ったんです。でもアリに近づくのは生半可なことではない。だから、彼はイスラム教徒だったから代々木のイスラム寺院に偽装入信したりね(笑い)。とにかくあらゆる手を尽くして彼のマネジャーに近づいて信頼を獲得したんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事