• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

故・今井雅之さん実姉が語る 壮絶闘病生活と不屈の役者魂

 昨年5月28日、54年の生涯に幕を下ろした俳優の今井雅之。亡くなる1カ月前、痩せきった顔に脂汗をにじませながら記者会見に臨む姿は多くの人を驚かせた。まもなく迎える一周忌を前に、今井の実姉・辻井陽子さん(58)が本紙にこれまで明かされなかった壮絶な闘病生活を語ってくれた。

■エコー画像には「星空のような無数の点」

 陽子さんは人工透析専門の看護師。合併症に苦しむ重篤患者を日々、目の当たりにしているが、そんな姉でも「弟の体はとても生きていられる状態ではなかった」と振り返る。

「2014年11月7日、(兵庫県)宝塚駅で弟から電話があり『大腸がんのステージⅣだって』と告げられました。その瞬間は驚きましたが、今は医療も進歩しているので助かるケースもあると思っていたんです。電話を受け、宝塚駅から弟のいる西宮の病院へ行くと、私だけがこっそり呼ばれてエコー画像を見せてもらいました。そこに映された肺には星空のような無数の点が広がり、大腸にはたくさん石コロのような影が。看護師の私でも見たことのない画像でした。最初の検査の時から生きていることが不思議なくらいの状態だったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事