日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

オール巨人 新曲ヒットも苦笑「嫁はんが紅白行かせてと」

 ベテラン漫才師「オール阪神・巨人」のオール巨人(64)が先月、シングル「男の子守唄」を発売し、「オリコンデイリーチャート(演歌・歌謡曲)」初登場2位という快挙(!?)を成し遂げて話題になっている。「歌手」の肩書も持つ巨人師匠に話を聞いた。

  ◇  ◇  ◇

 歌は昔から大好きで、歌手になりたいなと思ってました。漫才やってると、やりたいもんがすべて可能になっていく。警察官、歌手、力士……。「芸能人相撲取り大会」とか「一日署長」とかあるから。でも、歌手としてCD9枚も出せるとは思わなかった。

「アマゾン」(歌謡曲「売れ筋ランキング」)で1位になったこともビックリしました。おじいちゃんとかおばあちゃんが聴く曲だから、お父ちゃんとかお母ちゃんが息子や娘に「買っといて」言うて頼んでるんじゃないかと思ってます。最近はCD屋さんにCDを買いに行くという習慣がないからね。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事