日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「司会者・夏木ゆたか」見いだした ペギー葉山の“大抜擢”

 軽妙洒脱なおしゃべりで知られるタレントの夏木ゆたかさん(67)。ラジオ日本の「夏木ゆたかのホッと歌謡曲」(平日15時)は開始から14年目、約4500回を数える長寿歌謡番組。もともとは歌手として芸能界にデビューしたが、司会に転じたのは1970年。歌手のペギー葉山さん(82)との出会いが大きな転機となった。

■夏木を勇気づけた舞台袖の励まし

「頑張ろうね」

 ペギーさんはこうおっしゃると、司会の僕の肩を軽くポンと叩いて励ましてくださいました。今から45年前、71年に渋谷公会堂で行われたペギーさんのリサイタルの開始直前のことです。

 去年10月、沢田研二さんの3デイズ公演を最後に、51年の歴史に幕を閉じた渋谷公会堂はその当時、国内外の人気歌手や一流ミュージシャンだけがステージに上がることが許された特別な場所でした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事