謹慎中にも気遣い 北野誠を救ったやしきたかじんの“親心”

公開日:  更新日:

 大学時代から関西でお笑いタレントとして注目を浴び、東京進出後はバラエティー番組の司会や辛口のコメンテーターとして人気になった北野誠さん(57)。そんな約40年の芸歴の中には山もあれば深い谷もあったが、落ち込んだ時に親身になってくれたのがこの人、やしきたかじんさん(故人)だった。

■自腹で全国各地のツアーに同行

「どうしてんねん。今回のこと、俺にしゃべってくれへんか」

 たかじんさんからこんなメールが来たのは、僕が芸能活動を休止し謹慎することを記者発表(2009年4月28日)した2日後ですわ。お断りする理由もないから会うたんですが、還暦記念の「やしきたかじん 2009年 爆暦ツアー Takajinコンサート『最終章?』」の直前やったこともあって、「どうせ暇やろ。俺のコンサート見て、イチからやりなおせ」と。こんな話になったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る