謹慎中にも気遣い 北野誠を救ったやしきたかじんの“親心”

公開日: 更新日:

 大学時代から関西でお笑いタレントとして注目を浴び、東京進出後はバラエティー番組の司会や辛口のコメンテーターとして人気になった北野誠さん(57)。そんな約40年の芸歴の中には山もあれば深い谷もあったが、落ち込んだ時に親身になってくれたのがこの人、やしきたかじんさん(故人)だった。

■自腹で全国各地のツアーに同行

「どうしてんねん。今回のこと、俺にしゃべってくれへんか」

 たかじんさんからこんなメールが来たのは、僕が芸能活動を休止し謹慎することを記者発表(2009年4月28日)した2日後ですわ。お断りする理由もないから会うたんですが、還暦記念の「やしきたかじん 2009年 爆暦ツアー Takajinコンサート『最終章?』」の直前やったこともあって、「どうせ暇やろ。俺のコンサート見て、イチからやりなおせ」と。こんな話になったんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  5. 5

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  6. 6

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  7. 7

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  8. 8

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

もっと見る