• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

柳楽優弥が“第2ステージ” 暴力演じたらピカイチの俳優に

 柳楽優弥(26)が暴力に魅入られたモンスターのような男を演じる映画が評判になっている。「ディストラクション・ベイビーズ」(真利子哲也監督)という、まったくもってぶっ飛んでいる作品だった。

 舞台は四国の愛媛。極めて単純化すれば、柳楽扮する青年が人を殴ったり、人に殴られたりするだけの作品である。その暴力の合間に、申し訳程度に物語がぶらさがっているといった感じだ。

 話といっても、たいしたものがあるわけではない。松山に出てきた男を捜す弟(村上虹郎)に街の札付き高校生(菅田将暉)、ホステス(小松菜奈)らが絡んで男の暴力の行方と歩調を合わせていくだけなのである。

 柳楽が思考回路がショートしたかのように、無機質に暴力を続けていくのにはまったくゾッとさせられる。ただ、その暴力の行き先が極めて意図的に見えるのが面白い。弱い者いじめではないのだ。順繰りに港町の若者、松山に移ってからはとっぽいミュージシャン、高校生のワル、チンピラ、ヤクザと、暴力の矛先が徐々に“グレードアップ”していく。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  5. 5

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  6. 6

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  7. 7

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  8. 8

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  9. 9

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  10. 10

    池谷幸雄氏が激白 “女帝”塚原本部長が集めた疑惑のカネ

もっと見る