安藤サクラ 「ゆとりですがなにか」神がかり演技が高評価

公開日: 更新日:

 放送スタート前には出演する若手イケメン俳優を惜しげもなく番宣につぎ込んだ。なのに、初回視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第3話で最低の7.1%を記録するなど、一度も2桁に到達できない。日本テレビ系で放送中のドラマ「ゆとりですがなにか」のことだ。

 ついに「視聴率にはゆとりなし」とまで言われてしまうほど落ち込んだが、その後少しずつ盛り返している。Huluで配信される日テレ系の番組ランキングでもベスト3に入るほど評価は高い。その原動力になっているのが、ヒロインを演じる安藤サクラ(30)の圧倒的な演技力だ。

「全俳優陣を食っている。安藤が主役にしか見えない」「演技が神がかってすごい」「泣けた、というより胸えぐられた」と視聴者からも大絶賛の嵐。これまでのドラマでも後半に盛り返すことが多い宮藤官九郎作品ということもあって、今期ドラマ後半戦のダークホースに浮上する勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  4. 4

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  5. 5

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る