安藤サクラ 「ゆとりですがなにか」神がかり演技が高評価

公開日:  更新日:

 放送スタート前には出演する若手イケメン俳優を惜しげもなく番宣につぎ込んだ。なのに、初回視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第3話で最低の7.1%を記録するなど、一度も2桁に到達できない。日本テレビ系で放送中のドラマ「ゆとりですがなにか」のことだ。

 ついに「視聴率にはゆとりなし」とまで言われてしまうほど落ち込んだが、その後少しずつ盛り返している。Huluで配信される日テレ系の番組ランキングでもベスト3に入るほど評価は高い。その原動力になっているのが、ヒロインを演じる安藤サクラ(30)の圧倒的な演技力だ。

「全俳優陣を食っている。安藤が主役にしか見えない」「演技が神がかってすごい」「泣けた、というより胸えぐられた」と視聴者からも大絶賛の嵐。これまでのドラマでも後半に盛り返すことが多い宮藤官九郎作品ということもあって、今期ドラマ後半戦のダークホースに浮上する勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る