• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

安藤サクラ 「ゆとりですがなにか」神がかり演技が高評価

 放送スタート前には出演する若手イケメン俳優を惜しげもなく番宣につぎ込んだ。なのに、初回視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第3話で最低の7.1%を記録するなど、一度も2桁に到達できない。日本テレビ系で放送中のドラマ「ゆとりですがなにか」のことだ。

 ついに「視聴率にはゆとりなし」とまで言われてしまうほど落ち込んだが、その後少しずつ盛り返している。Huluで配信される日テレ系の番組ランキングでもベスト3に入るほど評価は高い。その原動力になっているのが、ヒロインを演じる安藤サクラ(30)の圧倒的な演技力だ。

「全俳優陣を食っている。安藤が主役にしか見えない」「演技が神がかってすごい」「泣けた、というより胸えぐられた」と視聴者からも大絶賛の嵐。これまでのドラマでも後半に盛り返すことが多い宮藤官九郎作品ということもあって、今期ドラマ後半戦のダークホースに浮上する勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  10. 10

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

もっと見る