安藤サクラ 「ゆとりですがなにか」神がかり演技が高評価

公開日: 更新日:

 放送スタート前には出演する若手イケメン俳優を惜しげもなく番宣につぎ込んだ。なのに、初回視聴率は9.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)。第3話で最低の7.1%を記録するなど、一度も2桁に到達できない。日本テレビ系で放送中のドラマ「ゆとりですがなにか」のことだ。

 ついに「視聴率にはゆとりなし」とまで言われてしまうほど落ち込んだが、その後少しずつ盛り返している。Huluで配信される日テレ系の番組ランキングでもベスト3に入るほど評価は高い。その原動力になっているのが、ヒロインを演じる安藤サクラ(30)の圧倒的な演技力だ。

「全俳優陣を食っている。安藤が主役にしか見えない」「演技が神がかってすごい」「泣けた、というより胸えぐられた」と視聴者からも大絶賛の嵐。これまでのドラマでも後半に盛り返すことが多い宮藤官九郎作品ということもあって、今期ドラマ後半戦のダークホースに浮上する勢いだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芦名星さん突然の訃報に…“破局”の憶測と質素な暮らしぶり

  2. 2

    芦名星さん謎だらけの突然死“遺作グラビア”現場では笑い声

  3. 3

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  4. 4

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  5. 5

    大坂なおみ全米2度目Vで稼ぎは? “BLM”貫き米財界が熱視線

  6. 6

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  7. 7

    岡部大「エール」で弟子役を好演 菅首相以上の“秋田の星”

  8. 8

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

  9. 9

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  10. 10

    銚子電鉄 袖山里穂さん<前>アイドル車掌は会社をどう見る

もっと見る