映画やドラマで大忙し 小松菜奈の演技にハリウッドも注目

公開日:  更新日:

 ロッテ「乳酸菌ショコラ」のCMで女優の吉田羊と共演している個性派美人がモデルの小松菜奈(20)。最近は女優としても注目を集め、映画出演が目白押し。

 映画デビュー作となった「渇き。」(14年)が出世作。新人女優の発掘にかけては定評のある中島哲也監督にオーディションで見いだされ、共演者6人とキスシーンを演じるなど、ダークな面を秘めた女子高生役を熱演して、その年の映画新人賞を総なめにすると、それ以降、映画、ドラマの仕事が激増。

 今年もすでに3本の映画に出演し、さらに数本の映画が公開予定。中でも出色なのは、秋に公開が予定されている巨匠マーティン・スコセッシが監督を務め、遠藤周作の「沈黙」を映画化した「Silence」。ついにハリウッドデビューも果たしてしまう。

「公開中の話題作『ディストラクション・ベイビーズ』では、共演の菅田将暉に何度もマジビンタされたり、胸を鷲づかみされたりなど、体を張った演技で真利子哲也監督もベタボメ。万引して逃げるシーンではカメラの枠を出た後も全力疾走した小松を“演技ではなく本当に逃げようとしていた”と絶賛していました。この映画はバイオレンスでしたが、11月公開予定の主演映画『溺れるナイフ』では初々しい恋模様を演じ、その役どころの幅広さから“カメレオン女優”とも称されています」(映画ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  3. 3

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  4. 4

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  5. 5

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  6. 6

    吉川晃司や近藤サトで注目 グレーヘアはモテにつながるか

  7. 7

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  8. 8

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る