• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

20歳で“解禁後”蕎麦屋へ 遠山景織子さんはぶらり一人酒も

 女優であり、ナチュラルフードコーディネーターの資格を持つ遠山景織子さん(41)。ブログに毎日アップされる、中学生の息子さんのお弁当がプロ顔負けの仕上がりで、2年前には料理本「遠山さんちの明日のお弁当」(竹書房)を発売して話題になった。お酒もかなりイケる口で……。

 私は高校の頃から芸能活動をしていましたから、酒席にはよくお誘いいただいたんです。もちろん、当時飲むのはソフトドリンクでした。でも、お酒や肴のウンチクは割合早くから耳にしてまして、20歳になって晴れて解禁になると、まず飲んだのは日本酒です。

 それも、お蕎麦屋さんで“冷や”をいただきながら板わさをおつまみに、締めはもり蕎麦、みたいな飲み方です。蕎麦がきを知ったのもこの頃ですね。

 亡くなった父がペロッと1升飲むような酒好きで、そのDNAを引いたんでしょう。「けっこう、飲むね」って言われたのも早かったですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  3. 3

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    鈴木良平氏が異論 「代表監督は日本人に限る」風潮は尚早

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る