20歳で“解禁後”蕎麦屋へ 遠山景織子さんはぶらり一人酒も

公開日:  更新日:

 女優であり、ナチュラルフードコーディネーターの資格を持つ遠山景織子さん(41)。ブログに毎日アップされる、中学生の息子さんのお弁当がプロ顔負けの仕上がりで、2年前には料理本「遠山さんちの明日のお弁当」(竹書房)を発売して話題になった。お酒もかなりイケる口で……。

 私は高校の頃から芸能活動をしていましたから、酒席にはよくお誘いいただいたんです。もちろん、当時飲むのはソフトドリンクでした。でも、お酒や肴のウンチクは割合早くから耳にしてまして、20歳になって晴れて解禁になると、まず飲んだのは日本酒です。

 それも、お蕎麦屋さんで“冷や”をいただきながら板わさをおつまみに、締めはもり蕎麦、みたいな飲み方です。蕎麦がきを知ったのもこの頃ですね。

 亡くなった父がペロッと1升飲むような酒好きで、そのDNAを引いたんでしょう。「けっこう、飲むね」って言われたのも早かったですよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事