アイスペールがグラス代わり 竹内力の“豪快”酒エピソード

公開日:  更新日:

 竹内力さん(52)は86年に二枚目俳優としてデビュー。その後、Vシネマのヒットシリーズに主演して人気を博し、「Vシネマの帝王」の異名を持つが、最近はバラエティー番組にもしばしば登場する売れっ子だ。かつては若手俳優屈指の酒豪で鳴らした……。

  ◇  ◇  ◇

 うちの実家は大分県佐伯市でね。親父もばあちゃんも酒は大好き。家じゃあ、麦焼酎の一升瓶が普通に食卓に並んでたよ。

 そんなDNAを引き継いでるから、俺も飲んだ、飲んだ。一番飲んだのは若い頃、20代だな。上京して行動範囲が広がったせいで、本格的に夜の街にも足を踏み入れ始めたんだ。

■100キロの巨体を担ぐ命がけの階段

 一番の飲み友達は誰とは言わないけど、一時代を築いたある有名格闘家。時間さえあれば毎週のように一緒に飲み歩いてた。量はもうハンパない。もうひとり格闘家を入れて飲む時は3人で洋酒を10本空けて、それから日本酒1升も珍しくはなかったからね。グラスで飲むのがまどろっこしいから、アイスペールに氷を放り込んでグラス代わりにしてたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  2. 2

    二階幹事長“重病説”で急浮上「後任本命に竹下亘氏」の狙い

  3. 3

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  4. 4

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  5. 5

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  6. 6

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  7. 7

    広島はマネーゲームせず…丸にも最後は“渋チン”貫いた理由

  8. 8

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  9. 9

    丸の“広島エキス”が原監督の狙い G若手を待つ地獄の練習量

  10. 10

    キミを守れなかった…金本擁護から逃げた坂井信也オーナー

もっと見る