アイスペールがグラス代わり 竹内力の“豪快”酒エピソード

公開日: 更新日:

 竹内力さん(52)は86年に二枚目俳優としてデビュー。その後、Vシネマのヒットシリーズに主演して人気を博し、「Vシネマの帝王」の異名を持つが、最近はバラエティー番組にもしばしば登場する売れっ子だ。かつては若手俳優屈指の酒豪で鳴らした……。

  ◇  ◇  ◇

 うちの実家は大分県佐伯市でね。親父もばあちゃんも酒は大好き。家じゃあ、麦焼酎の一升瓶が普通に食卓に並んでたよ。

 そんなDNAを引き継いでるから、俺も飲んだ、飲んだ。一番飲んだのは若い頃、20代だな。上京して行動範囲が広がったせいで、本格的に夜の街にも足を踏み入れ始めたんだ。

■100キロの巨体を担ぐ命がけの階段

 一番の飲み友達は誰とは言わないけど、一時代を築いたある有名格闘家。時間さえあれば毎週のように一緒に飲み歩いてた。量はもうハンパない。もうひとり格闘家を入れて飲む時は3人で洋酒を10本空けて、それから日本酒1升も珍しくはなかったからね。グラスで飲むのがまどろっこしいから、アイスペールに氷を放り込んでグラス代わりにしてたよ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  2. 2

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  3. 3

    死骸で発見のジュゴンは…辺野古埋め立てで行方不明だった

  4. 4

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  5. 5

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  6. 6

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    記者に華奢な手を差し出し…葉月里緒奈に感じた“魔性の女”

  9. 9

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  10. 10

    故内田裕也さんのロックな人生 破天荒の裏の“冷静と情熱”

もっと見る