松岡修造に「都知事待望論」 あの暑苦しさが東京を救う?

公開日: 更新日:

 30日、松岡修造(48)がP&G「ファブリーズMEN ビジネスマン熱血消臭イベント」に登場した。この日の未明に行われた「全仏オープン」男子で錦織圭選手(26)が4回戦で敗退。「今の心は雨模様です。心が折れそうになって、ファブリーズで心を消臭してきました。彼は“ファブテニス”なんですよ。相手の弱点を消臭して勝ってきたのに、それができなかった」と悔しさをにじませた。

 修造といえば、独特の暑苦しさが若者に人気となり、日めくりカレンダー「まいにち、修造!」は累計発行部数100万部を突破。今年2月に発表された「理想の上司」ランキングではトップに。CMも「サントリー」「コナカ」など8社と契約中と目下、絶好調だ。

 五輪関連の仕事も長く、1998年の長野五輪から解説者として出演。2012年のロンドン五輪では応援団長となり、今年8月に始まるリオ五輪でも続投予定。さらに、2020年の東京五輪に向けた「TOKYO応援宣言」という番組のナビゲーターも務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小泉孝太郎が“特捜部が捜査”企業CMをひっそり降板していた

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  5. 5

    さぁ、困った! 即戦力のドラフト1位候補を評価できない

  6. 6

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  7. 7

    婚約内定会見から3年8カ月の眞子さまは…約束後45%が破棄

  8. 8

    宣言拡大延長なのに規制緩和の支離滅裂…スガ不況へ一直線

  9. 9

    大谷翔平に追われたプホルスにレイズ筒香が追い出される日

  10. 10

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

もっと見る