松岡修造に「都知事待望論」 あの暑苦しさが東京を救う?

公開日: 更新日:

 30日、松岡修造(48)がP&G「ファブリーズMEN ビジネスマン熱血消臭イベント」に登場した。この日の未明に行われた「全仏オープン」男子で錦織圭選手(26)が4回戦で敗退。「今の心は雨模様です。心が折れそうになって、ファブリーズで心を消臭してきました。彼は“ファブテニス”なんですよ。相手の弱点を消臭して勝ってきたのに、それができなかった」と悔しさをにじませた。

 修造といえば、独特の暑苦しさが若者に人気となり、日めくりカレンダー「まいにち、修造!」は累計発行部数100万部を突破。今年2月に発表された「理想の上司」ランキングではトップに。CMも「サントリー」「コナカ」など8社と契約中と目下、絶好調だ。

 五輪関連の仕事も長く、1998年の長野五輪から解説者として出演。2012年のロンドン五輪では応援団長となり、今年8月に始まるリオ五輪でも続投予定。さらに、2020年の東京五輪に向けた「TOKYO応援宣言」という番組のナビゲーターも務めている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    福岡知事選で“麻生アレルギー” 学会や九州財界から爪弾き

  2. 2

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

  3. 3

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  4. 4

    北方領土「第2次世界大戦の結果論」というのは暴論である

  5. 5

    東京福祉大“消えた留学生”問題を招いた安倍政権の数値目標

  6. 6

    東京五輪で終電延長 鉄道各社が強いられる“ブラック労働”

  7. 7

    籠池氏が久々の爆弾発言「昭恵付職員が財務省室長と面会」

  8. 8

    ルノーと三菱グループ急接近か 日産含む“3社統合”への思惑

  9. 9

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  10. 10

    ベルギーで11得点 新顔FW鎌田大地「森保J」での期待値

もっと見る