ブルースシンガー大木トオルさん “セラピー犬”育成に尽力

公開日:  更新日:

 1976年に単身渡米し、ニューヨークで黒人メンバーとトオル・オオキ・ブルースバンドを結成。全米ツアーを成功させ、黒人音楽の伝統的イベント「ミシシッピ・デルタ・ブルース・フェスティバル」に東洋人として初めて参加して“ミスター・イエロー・ブルース”と呼ばれたのが大木トオルさん(66)だ。今どうしているのか。

■捨て犬や被災犬の保護をライフワークに

「アメリカに永住権があり、現住所はニューヨークです。日本とアメリカの生活は半々くらいでしょうか。実は音楽活動はセーブして、力を入れてる活動がありましてね」

 銀座にある「一般財団法人 国際セラピードッグ協会」で会った大木さん、穏やかな笑みを浮かべながらこう言った。部屋には経歴を示す国内外のミュージシャンとのコンサート写真に交じり、犬の絵や写真が多数飾られている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  9. 9

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  10. 10

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

もっと見る