グラドルから女優へ 瀬戸早妃のセリフ覚えはビールがお供

公開日:  更新日:

 グラビアアイドルからスタート、ニューヨーク留学を機に女優として活躍する瀬戸早妃さん(31)。グラドル仲間とのグラビア女子会(GJK)のメンバーだが、アラサーはどんなふうにアルコールと付き合っているのか。

  ◇  ◇  ◇

 飲んでみんなでワイワイ盛り上がる雰囲気が好きです。陽気になっておしゃべりになります。仙台に住む母も私と同じタイプみたい。以前はよく梅酒を作って送ってくれたので、私も一時期、梅酒作りに凝ったことがありました。自分で作った梅酒で「ひとり飲み」もやります。大好きな宝塚の舞台映像を見ながらコンビニで買ったおつまみで(笑い)。

 オタクがジャンルにはまって抜け出せないことを「沼」って表現するそうですが、私の「沼」は宝塚。CSの宝塚専門チャンネルに加入し、劇場でポスター、クリアファイルを買ったりしています。ついこの前は聖地の兵庫まで行っちゃいました。録画した番組は全部見ます。男の人より男装の麗人の方が好きなのかも(笑い)。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る