• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

酔うとハイテンション 歌手・麻倉未稀“酒と夫”円満の秘訣

 実力派美人シンガーとしてデビュー35年。歌唱力、豊かな声量には定評があり、ポップスだけでなくゴスペル、ラテン、クラシックまで幅広いレパートリーを誇る麻倉未稀さん(56)。かなりイケるクチで、陽気な明るい酒だ。

  ◇  ◇  ◇

 初めてお酒を飲んだ日のことは、今でも忘れてません。3歳のお正月。喉が渇いて、おとそを飲んでた父に飲み物をねだったら、ホイッて出されたのがおちょこのお酒。よもや飲むとは思わなかったのでしょうね。でも、父がおいしそうに飲んでたものですから、どういうものかも知らずにこれ幸いと、クイッと飲んじゃった(笑い)。

 さあ大変です。幼児ですから、すぐに酔っぱらって。ところが、気分が悪くなったかというと、それが大違い。普段以上にノリノリで、後ろ回りをしたかと思えば、歌って踊り、ひとしきり“持ち芸”を披露したのだそうです。家中、もう大笑い。そして、父の横に座ったかと思ったら、コテッと横になり、すぐにグッスリ。寝息ひとつ立てないので、母いわく「このまま死んじゃうんじゃないか?」とオロオロしたんですって。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  7. 7

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  8. 8

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  9. 9

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

  10. 10

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

もっと見る