酔うとハイテンション 歌手・麻倉未稀“酒と夫”円満の秘訣

公開日: 更新日:

 しばらくして起きると、何事もなかったかのように振る舞っていたそうですが、当時から陽気になっちゃうのが私のお酒。今もすぐにハイテンションになります。

 一番迷惑しているのが主人でしょうね。外出先でお酒をいただいて酔って帰宅すると、私、静かにはしてないんです。主人相手にチークダンスを踊ったり、ワンマンショーを始めたり、お風呂で「アメージング・グレース」を歌ったり……。

 呆れながらも、そんな私を優しく見守ってくれてますね。ただ、サラリーマンなので朝が早い時もあるでしょ? だから、酔ってたら当たらず触らず。なるべくスイッチが入らないよう、静かにクールダウンするようにって心掛けてるみたい。

■約束は必ず守るのが夫婦円満の秘訣

 私も気は使ってるんです。4年前、友人と渋谷で食事をした時のことです。興が乗り、2次会は近くのバーへ。その時点ではまだ21時ちょいすぎだったから、あと1時間って思ったんです。ところが、話が弾みに弾み、気がついたら日付が変わり、終電はとっくに出た後。その日は「遅くなっても帰るね」って主人に言い残していたから、仕方なくタクシーで帰ることにしました。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  2. 2

    広末涼子が41歳でセクシー路線に! ファッション誌動画での大胆な脱ぎっぷりとCMで魅せた圧倒美肌

  3. 3

    「やっぱり離婚」で気になる市村正親の体力と篠原涼子の女優の価値

  4. 4

    アストラゼネカ製解禁でワクチン接種会場が混乱する日…厚労省は40~50代を“狙い撃ち”

  5. 5

    MISIA「君が代」斉唱は絶賛だが…東京五輪開会式で“大損”させられた芸能人

  6. 6

    連日酷暑の東京五輪に世界が大ブーイング!“理想的な気候”の偽り招致に「ウソつき」「謝罪せよ」

  7. 7

    「五輪選手がジャンプしても大丈夫」段ボールベッド動画の波紋…エアウィーブ社はどう見た?

  8. 8

    菅首相を“イジる”映画「パンケーキを毒味する」内山雄人監督 「政治バラエティーだと思って見てほしい」

  9. 9

    丸岡いずみ離婚の決定打は有村昆の浮気以外に原因? 家族問題評論家・池内ひろ美氏が推測

  10. 10

    小金沢昇司の芸能プロが倒産!負債額6200万円、御大・北島三郎の苦言を聞いておけばよかった

もっと見る