ギャオス内藤が語る 「ビールかけ」の楽しみ方と目立ち方

公開日:  更新日:

 ヤクルト、ロッテ、中日で投手として活躍。現役時代、マウンドでの雄叫びと派手なパフォーマンスで人気だったギャオス内藤さん(47)。自称・下戸だが、趣味は「ビールかけ」だ。

  ◇  ◇  ◇

 現役時代はそれほど飲んでいません。未成年でヤクルトに入団したため、酒はご法度だったし、ホームグラウンドの神宮球場へは、自家用車で通ってたからね。

 それと、意外かもしれないけど、アルコールが入るとすぐに寝ちゃうタイプなので、強くなる要素がまるでなかった。もちろん20歳を過ぎてからお付き合いで酒席は数々ありました。でも、徹夜でバカ騒ぎしたってのは数えるほどしかありません。

 20代前半のころかな。当時、親しかった小室哲哉さん率いるTMネットワークのパーティーが六本木であって、僕も呼ばれましてね。でも、お酒に弱いもんだから、他の参加者が盛り上がってるのに、しばらくして隅っこのソファでグーグーいびきをかいて寝てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る