ギャオス内藤が語る 「ビールかけ」の楽しみ方と目立ち方

公開日: 更新日:

 ヤクルトロッテ中日で投手として活躍。現役時代、マウンドでの雄叫びと派手なパフォーマンスで人気だったギャオス内藤さん(47)。自称・下戸だが、趣味は「ビールかけ」だ。

  ◇  ◇  ◇

 現役時代はそれほど飲んでいません。未成年でヤクルトに入団したため、酒はご法度だったし、ホームグラウンドの神宮球場へは、自家用車で通ってたからね。

 それと、意外かもしれないけど、アルコールが入るとすぐに寝ちゃうタイプなので、強くなる要素がまるでなかった。もちろん20歳を過ぎてからお付き合いで酒席は数々ありました。でも、徹夜でバカ騒ぎしたってのは数えるほどしかありません。

 20代前半のころかな。当時、親しかった小室哲哉さん率いるTMネットワークのパーティーが六本木であって、僕も呼ばれましてね。でも、お酒に弱いもんだから、他の参加者が盛り上がってるのに、しばらくして隅っこのソファでグーグーいびきをかいて寝てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    小室圭さんは奇特な人 皇族の結婚相手探しは想像より大変

  3. 3

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  4. 4

    出川哲朗は枕営業騒動で一番深手…“救いの手”はあるのか

  5. 5

    マリエ枕営業騒動にみる「根に持つ女性」の賢いあしらい方

  6. 6

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  7. 7

    小室圭さんが母の元婚約者に“解決金” 支払いは誰が?

  8. 8

    小室圭さん400万円で破談寸前に 初動ミスを招いたプライド

  9. 9

    小池知事の無策が招くGW明け新規感染3800人の最悪シナリオ

  10. 10

    菅首相が米ファイザー直接交渉で赤っ恥 CEOとの対面が頓挫

もっと見る