日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

村上春樹は今年も取れない? ノーベル文学賞の行方を占う

 日本人が3年連続で受賞したノーベル賞。13日に発表される見通しの「文学賞」はどうか。英ブックメーカーの賭け率で村上春樹氏(67)が1番人気だけに、「今年こそ!」と関係者の期待が高まっている。2000年代の受賞者を見ると、いくつかパターンがあるようだ(別表参照)。

 村上氏にとって有利な条件はある。おおむね2、3年連続で欧州出身者から選ばれた後は、アジアやアフリカなど他の地域から選ばれている。そして2年連続で1940年代生まれが受賞。いずれも村上氏に合致する。

 一方、不利な条件もあって、アジアから連続で受賞者は出ていない。話題づくりのためなのか、その国で初受賞というのも目立つ。12年に中国の莫言が受賞しているし、村上氏が受賞となれば、日本人では3人目だ。

■政治的か純文学的か

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事