「月9」終焉で大手企業ソッポ フジからドラマが消える日

公開日: 更新日:

 “ドラマのフジ”を自負していた時代も今は昔ということだろう。「月9」といえば数々の名ドラマを生み出してきたフジテレビの看板枠。それが消滅の危機に瀕しているという情報がテレビ界で流れている。発売中の週刊女性が報じているもので、「月9」こと月曜21時台のドラマが年内にも消滅する方向だというから驚きだ。

 フジテレビは表向きには認めていないが、状況証拠は揃っている。日刊ゲンダイでも報じたが、有力スポンサーであるTOYOTAが2ケタに満たない低視聴率の連発に愛想を尽かし契約を解消するからだ。

 かつては江口洋介主演の「ひとつ屋根の下」(93年)でフジ連ドラ史上最高視聴率の37.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした枠だ。この記録はいまだに破られていない。ほかにも「101回目のプロポーズ」(91年)、「ロングバケーション」(96年)、「HERO」(01年)などヒット作を量産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    パナマ文書に義姉会社 加藤厚労相とベネッセ“奇怪な関係”

  2. 2

    ロッテ1位・佐々木朗希<1>野球経験なしの父が放った本塁打

  3. 3

    嵐・二宮和也 “匂わせ彼女”伊藤綾子と入籍した男の決断

  4. 4

    東大が方針転換 英語民間試験に突き付けた「NO!」の波紋

  5. 5

    亡き“パパ”の古い携帯番号に4年間報告し続けたら返信が!

  6. 6

    日本はもはや国の体をなしていないことを実感した1カ月

  7. 7

    レンタルなんもしない人 森本祥司さん<1>流されて会社員に

  8. 8

    時代の流れに逆行…花形種目のマラソンが五輪から消える日

  9. 9

    渥美清<前編>“飴屋横丁”で働き身につけた寅さんの売り口上

  10. 10

    「FNS27時間テレビ」過去最低5.8%記録 では最高視聴率は?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る