• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「月9」終焉で大手企業ソッポ フジからドラマが消える日

 “ドラマのフジ”を自負していた時代も今は昔ということだろう。「月9」といえば数々の名ドラマを生み出してきたフジテレビの看板枠。それが消滅の危機に瀕しているという情報がテレビ界で流れている。発売中の週刊女性が報じているもので、「月9」こと月曜21時台のドラマが年内にも消滅する方向だというから驚きだ。

 フジテレビは表向きには認めていないが、状況証拠は揃っている。日刊ゲンダイでも報じたが、有力スポンサーであるTOYOTAが2ケタに満たない低視聴率の連発に愛想を尽かし契約を解消するからだ。

 かつては江口洋介主演の「ひとつ屋根の下」(93年)でフジ連ドラ史上最高視聴率の37.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした枠だ。この記録はいまだに破られていない。ほかにも「101回目のプロポーズ」(91年)、「ロングバケーション」(96年)、「HERO」(01年)などヒット作を量産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

  2. 2

    仲間由紀恵の病院通いも…周囲が案じる田中哲司の“悪い虫”

  3. 3

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  4. 4

    今度は不倫愛…華原朋美の「だめんず遍歴」に透ける計算

  5. 5

    安倍首相ミエミエ被災地利用 閣僚も国民に“逆ギレ”の末期

  6. 6

    カジノ法案 胴元がカネ貸し「2カ月無利子」の危険なワナ

  7. 7

    西村氏の謝罪が火に油 安倍自民“言い訳”に嘘発覚で大炎上

  8. 8

    5000万円疑惑 落ち目の細野豪志氏がすがった“意外な人物”

  9. 9

    文科省の収賄局長が失った 麻布の“億ション”セレブライフ

  10. 10

    防災にどれだけ本気? 安倍政権で「次は東京」という恐怖

もっと見る