• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「月9」終焉で大手企業ソッポ フジからドラマが消える日

 “ドラマのフジ”を自負していた時代も今は昔ということだろう。「月9」といえば数々の名ドラマを生み出してきたフジテレビの看板枠。それが消滅の危機に瀕しているという情報がテレビ界で流れている。発売中の週刊女性が報じているもので、「月9」こと月曜21時台のドラマが年内にも消滅する方向だというから驚きだ。

 フジテレビは表向きには認めていないが、状況証拠は揃っている。日刊ゲンダイでも報じたが、有力スポンサーであるTOYOTAが2ケタに満たない低視聴率の連発に愛想を尽かし契約を解消するからだ。

 かつては江口洋介主演の「ひとつ屋根の下」(93年)でフジ連ドラ史上最高視聴率の37.8%(ビデオリサーチ調べ、関東地区)をマークした枠だ。この記録はいまだに破られていない。ほかにも「101回目のプロポーズ」(91年)、「ロングバケーション」(96年)、「HERO」(01年)などヒット作を量産した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  7. 7

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る