• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

新垣隆氏の証人出廷ある? 佐村河内氏JASRAC訴訟の行方

 耳が不自由で「現代のベートーベン」と呼ばれたものの後にゴーストライター問題が発覚した佐村河内守氏(53)。その佐村河内氏が楽曲使用料が分配されていないとして日本音楽著作権協会(JASRAC)に約700万円の支払いを求めた訴訟の第1回口頭弁論が6日に東京地裁で開かれた。

 裁判はゴーストの新垣隆氏(46)が作曲した曲を自らの作品として発表していた佐村河内氏が、JASRACを提訴。JASRACは問題の発覚後、佐村河内氏の約100曲について契約を解除していたが、佐村河内氏側は「新垣さんから著作権の譲渡を受けた」などとして、JASRACに契約解除までの楽曲使用料の支払いを求めている。

 裁判でJASRAC側は「佐村河内氏は楽曲を自分が作曲したとして届け出ている。もともとの作曲者が誰で、いつ著作権が譲渡されたのかをはっきりすべきだ」として争う姿勢。著作権の取得時期が不明確であるとして、新垣氏の証人出廷を求めた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  3. 3

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  6. 6

    河野外相ツイートが炎上 切望した外遊の中身は“観光”同然

  7. 7

    ロッテは身売り否定も…ZOZO前澤氏が招く“球界再編”第2幕

  8. 8

    「別に」から完全復活…沢尻エリカは豹変したか猫かぶりか

  9. 9

    改元は来年…残るオウム受刑者は「恩赦」の対象になるのか

  10. 10

    婚約発表の平幕勢 賞金ランク4位・比嘉真美子との年収格差

もっと見る