活動再開も強い風当たり 能年玲奈改め“のん”不穏な再出発

公開日: 更新日:

 いかんせん顔と新たな名前が一致しない。「あまちゃん」のヒロインで一世を風靡した能年玲奈が、のん(23)に改名したのは今年7月。先週9日は声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」(11月12日公開)の完成披露試写会に出席し、緊張した面持ちで「(主人公の)すずさん役をやらせていただきました、のんです」と挨拶したのだった。

 表舞台に姿を見せたのは、昨年12月の石原裕次郎賞授賞式以来、実に9カ月ぶり。会場には大勢の報道陣が集まったが、本人は独立や改名に関する質問にはダンマリを決め込んだ。もっとも、発表できるような進展はないようで、「両者の弁護士による話し合いは現在も継続中。歩み寄りは見られず平行線をたどっており、長引きそうです」(芸能関係者)という。

 朝ドラ「あまちゃん」で主役の座をゲットし、将来を約束された地位からまさかの転落。昨年4月に発覚した所属事務所「レプロエンタテインメント」からの独立騒動が尾を引いている形だが、そもそも事務所に無断で能年サイドが個人事務所を設立したことが発火点だけに、業界内では能年の自業自得とみる向きが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野の広島移籍はFA補強の犠牲というよりまさに“栄転”だ

  2. 2

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  3. 3

    高卒で異例の一軍帯同 広島小園をコーチ先輩“絶賛”の理由

  4. 4

    踏んだり蹴ったりZOZO前澤社長 “100億円豪邸”も建設中断か

  5. 5

    安倍首相は「自己愛型」か 9年前の動画“炎上”で識者が分析

  6. 6

    巨人・原監督に聞いた 指導未経験者を登用した真意

  7. 7

    自民に衝撃 参院選1人区「13勝19敗」予想で“W選”案急浮上

  8. 8

    小栗会に合流で…役者仲間が危ぶんだ新井浩文の素行不良

  9. 9

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

  10. 10

    「なんかモヤモヤ」投稿で破局が噂される剛力彩芽の今後は

もっと見る