• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

活動再開も強い風当たり 能年玲奈改め“のん”不穏な再出発

 いかんせん顔と新たな名前が一致しない。「あまちゃん」のヒロインで一世を風靡した能年玲奈が、のん(23)に改名したのは今年7月。先週9日は声優を務めたアニメ映画「この世界の片隅に」(11月12日公開)の完成披露試写会に出席し、緊張した面持ちで「(主人公の)すずさん役をやらせていただきました、のんです」と挨拶したのだった。

 表舞台に姿を見せたのは、昨年12月の石原裕次郎賞授賞式以来、実に9カ月ぶり。会場には大勢の報道陣が集まったが、本人は独立や改名に関する質問にはダンマリを決め込んだ。もっとも、発表できるような進展はないようで、「両者の弁護士による話し合いは現在も継続中。歩み寄りは見られず平行線をたどっており、長引きそうです」(芸能関係者)という。

 朝ドラ「あまちゃん」で主役の座をゲットし、将来を約束された地位からまさかの転落。昨年4月に発覚した所属事務所「レプロエンタテインメント」からの独立騒動が尾を引いている形だが、そもそも事務所に無断で能年サイドが個人事務所を設立したことが発火点だけに、業界内では能年の自業自得とみる向きが多い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  5. 5

    ガッツポーズ禁止と熱中症“美談化”…球児を潰すご都合主義

  6. 6

    剛力彩芽へ助言…私生活をSNSにアップする女優は伸びない

  7. 7

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<上>

  8. 8

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  9. 9

    安倍首相が異例の神社参拝3連発 総裁選に不安で“神頼み”

  10. 10

    剛力は助言無視で再炎上…救えるのはバナナマン日村だけか

もっと見る