SMAP解散まで2カ月 ファンが東京新聞などに大量の広告

公開日: 更新日:

 国民的アイドルグループ「SMAP」の解散まで、残すところ2カ月となった11月1日、東京新聞などのブロック紙や一部地方紙に、グループへの思いをつづったファンからのメッセージ広告が大量に掲載され、話題になっている。

 特にビックリなのは、同日の東京新聞朝刊だ。国際面と解説面(ともに全5段)と証券面(全7段)に載る広告欄「TOKTOK」は、ほぼすべてがSMAPに対するファンからのメッセージで埋めつくされた。<SMAP大好き!! 大どんでん返し待ってます><5人の笑顔が大好き! 5人を守りましょう>など、どれもグループ解散阻止の願いが込められたものばかりだ。

 グループ結成25周年となる今年9月9日にもみられたこの珍現象。11月1日はSMAPの何かの記念日というわけではないが、9月下旬からこうした広告の“第2弾”を出そうという動きが拡散し、さまざまな経緯を経て実施日が決まっていた。それだけにネット上には<温かくて、泣けてくる><5人とファンはいつまでも前に!>など、広告が無事掲載されたことに対する安堵と歓喜の声が相次いでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  2. 2

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  3. 3

    ぺこぱで話題“ノリツッコまない”漫才の元祖はダウンタウン

  4. 4

    ポスト安倍に西村康稔氏が急浮上 支持率急落で主流派焦り

  5. 5

    京大准教授「ソーシャルディスタンス2m必要なし」の根拠

  6. 6

    ネット規制の狙いミエミエ 安倍政権が露骨なSNSデモ潰し

  7. 7

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  8. 8

    手越祐也に退所報道 “NEWSセンター”山下智久との明と暗

  9. 9

    山崎製パン 飯島延浩社長 軍隊的な異色経営の後継者は?

  10. 10

    支持率20%台の危険水域 安倍首相「8.24退陣説」囁かれる

もっと見る