倒産危機救った石原プロ名番頭 小林正彦さんの寂しい晩年

公開日:

 石原プロダクションの元専務で“名番頭”だった小林正彦さん(享年80)が、先月30日に虚血性心不全で死去していた。葬儀は親族のみで2日に行われたという。

「コマサ」の愛称で知られた小林さんは日活撮影所に勤務時代、石原裕次郎さん(享年52)に見いだされ、65年に石原プロに入社。持ち前のバイタリティーと抜群のプロモーション能力で、すぐに頭角を現した。70年代、石原プロが倒産の危機に瀕した時には、「太陽にほえろ!」「大都会」「西部警察」などのテレビドラマに進出し、経営を安定させた。

 石原プロ名物の炊き出しでは自ら先頭に立ち肉を焼いたり、年始恒例の新年会などでは、記者たちに食べきれないほどの食事をふるまった。飾らない豪快な性格で、慕うマスコミ関係者は多かった。裕次郎さんからの信頼は絶大で、87年に肝臓がんで亡くなった時も最後の最後まで付き添ったのが小林さんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    鳥谷は4億で大山は微増の3000万 若虎たちの嘆きを聞け 

  4. 4

    水道民営化のウラに…麻生財務相“身内に利益誘導”の怪情報

  5. 5

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  6. 6

    長澤まさみが表紙V15 「東宝カレンダー」泣き笑いの面々

  7. 7

    50秒の電話で“暴力集団”押し付けられた千賀ノ浦親方の不運

  8. 8

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  9. 9

    30歳でNHK朝ドラ主演 戸田恵梨香ついに“後輩”に追いついた

  10. 10

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

もっと見る