紅白初出場の市川由紀乃って? 燃え尽き症候群の“過去”も

公開日:

 24日の午前9時過ぎ、取材のため所属レコード会社にいた市川由紀乃(40)は吉報を受け、大号泣。「慌てて着物を着付け、NHKへと向かいました。まだ本人も実感していない」(担当マネジャー)という。

 市川は「アンコ椿は恋の花」「さざんかの宿」などで知られる作曲家の故・市川昭介氏に師事し、17歳でデビュー。名字に「市川」をもらった秘蔵っ子だ。歌唱力、七色の声を操る表現力は抜群で評価は高かったが、真面目な性格ゆえ、26歳から4年半、燃え尽き症候群で活動を休止したことも。

 しかし、その後は06年に市川昭介氏が生前最後に録音に立ち会ったという「海峡出船」で再出発した。170.5センチと身長は和田アキ子クラスだが「三歩下がって歩くタイプで、本人は“紅白に出たい”なんて絶対口に出せない、“ごほうびがいただければ”というのがやっと」(前出のマネジャー)というほど控えめな性格。

 ここ3年休みなしで全国を回っていた市川。去年は出場を逃し「これほど涙が出るかと思うほど泣いた」と語っていたが、今年は周囲の支えもあり、“努力枠″で悲願の初出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

もっと見る