• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

紅白初出場の市川由紀乃って? 燃え尽き症候群の“過去”も

 24日の午前9時過ぎ、取材のため所属レコード会社にいた市川由紀乃(40)は吉報を受け、大号泣。「慌てて着物を着付け、NHKへと向かいました。まだ本人も実感していない」(担当マネジャー)という。

 市川は「アンコ椿は恋の花」「さざんかの宿」などで知られる作曲家の故・市川昭介氏に師事し、17歳でデビュー。名字に「市川」をもらった秘蔵っ子だ。歌唱力、七色の声を操る表現力は抜群で評価は高かったが、真面目な性格ゆえ、26歳から4年半、燃え尽き症候群で活動を休止したことも。

 しかし、その後は06年に市川昭介氏が生前最後に録音に立ち会ったという「海峡出船」で再出発した。170.5センチと身長は和田アキ子クラスだが「三歩下がって歩くタイプで、本人は“紅白に出たい”なんて絶対口に出せない、“ごほうびがいただければ”というのがやっと」(前出のマネジャー)というほど控えめな性格。

 ここ3年休みなしで全国を回っていた市川。去年は出場を逃し「これほど涙が出るかと思うほど泣いた」と語っていたが、今年は周囲の支えもあり、“努力枠″で悲願の初出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  4. 4

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  9. 9

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る