紅白初出場の市川由紀乃って? 燃え尽き症候群の“過去”も

公開日:

 24日の午前9時過ぎ、取材のため所属レコード会社にいた市川由紀乃(40)は吉報を受け、大号泣。「慌てて着物を着付け、NHKへと向かいました。まだ本人も実感していない」(担当マネジャー)という。

 市川は「アンコ椿は恋の花」「さざんかの宿」などで知られる作曲家の故・市川昭介氏に師事し、17歳でデビュー。名字に「市川」をもらった秘蔵っ子だ。歌唱力、七色の声を操る表現力は抜群で評価は高かったが、真面目な性格ゆえ、26歳から4年半、燃え尽き症候群で活動を休止したことも。

 しかし、その後は06年に市川昭介氏が生前最後に録音に立ち会ったという「海峡出船」で再出発した。170.5センチと身長は和田アキ子クラスだが「三歩下がって歩くタイプで、本人は“紅白に出たい”なんて絶対口に出せない、“ごほうびがいただければ”というのがやっと」(前出のマネジャー)というほど控えめな性格。

 ここ3年休みなしで全国を回っていた市川。去年は出場を逃し「これほど涙が出るかと思うほど泣いた」と語っていたが、今年は周囲の支えもあり、“努力枠″で悲願の初出場を果たした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  4. 4

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

もっと見る