真夏に正装、謎の告白本…ASKA“異次元レベル”の挙動不審

公開日:

 “万里の河”の向こう岸に行ってしまったのか。歌手のASKA容疑者(58=本名・宮崎重明)が28日、また覚醒剤使用容疑で警視庁に逮捕された。一昨年9月に所持と使用の罪で懲役3年、執行猶予4年の有罪判決を受け、覚醒剤を断つべく療養していたはずが、なぜだ?

「ASKAは先週25日夜7時ごろ、『盗撮されている』と110番通報。警察官が目黒区内にあるASKA宅を訪ねたら、『盗撮』という話だったはずが、『盗聴』や『監視』などと意味不明なことをいろいろまくし立てたそうです。明らかに挙動不審だったので尿検査をした結果、シャブの陽性反応が出たというわけです」(捜査事情通)

■幻の「告白本」も支離滅裂

 ASKAは28日付の自身のブログで、〈(陽性は)100%ない〉と全面否認。〈アカウントを乗っ取られ〉たせいでネットもメールもできなくなり、犯人も特定できていたので警察に通報した。〈幻聴、幻覚など、まったくない〉などと意外と冷静に反論していたが、盗撮や盗聴といった被害妄想は覚醒剤の後遺症や、覚醒剤使用の典型的な“症状”とされる。ASKAの“症状”は、少なくとも今年1月から始まっていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る