メディアが一時大騒ぎ…清原和博「自殺情報」飛び交う

公開日:  更新日:

 覚醒剤取締法違反で有罪となった元プロ野球選手の清原和博氏(49)が、「自殺したのではないか」という情報が30日流れ、一時、メディアは大騒ぎとなった。すぐに“ガセ”と判明したが、改めて清原氏に対する関心の高さを証明した形だ。

「情報は“大阪発”。清原氏は年末に格闘技に参戦するプランがあるといわれ、どこまで本当なのか、存在を忘れさせないようにするため、一部の支援者が流したらしい、などと、もっともらしい解説も流れました。大手メディアも一斉に確認に走った。本人に罪はありませんが、ホント、お騒がせです」(警視庁担当記者)

 清原氏の「自殺説」は、覚醒剤で逮捕される前後にも流れている。今年2月に逮捕されて以降、人前に姿を見せないために、勝手な情報が流れているようだ。本人が裁判で「クスリを断つために自殺を考えたことも」と明かしたこともあって、心配する声も強い。

 一度、清原氏はファンの前に元気な姿を見せたほうがいいのではないか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る